債務整理におすすめの弁護士ランキング10選
ランキング特集、都道府県別特集、法律基礎知識特集

はたの法務事務所の強みや特徴をインタビューで代表聞き取り取材

はたの法務事務所

最終更新日 2023/1/21

 
はたの法務事務所は、債務整理分野で実績がある老舗司法書士事務所ですが、どういう事務所なのか?相談する前に知りたい方が多いと思います。
 
この記事では、代表の鈴木司法書士に根掘り葉掘り聞いたインタビュー内容から事務所の強みや弱点などの特徴をまとめました。
 
はたの法務事務所に依頼する他事務所にはないメリットもしっかり紹介していますので、参考にしてください。

 

この記事でわかること・鈴木司法書士へのインタビューでわかるはたのの強みや雰囲気
・強みからわかるはたの法務事務所が特におすすめな方
・費用体系と他事務所との比較

目次

はたの法務事務所について新代表鈴木司法書士にインタビュー【最新】

はたの法務事務所インタビュー
コロナの影響が残る状況下で、債務整理の相談がどうなっているのか、はたの法務事務所本社で代表の鈴木司法書士に聞き取り調査をしてきました。
 
今回の取材は、2回目で、2年前にも聞き取り取材を行なっております。
 
その模様は、下の記事で記載しています。今回は、1回目で聞き逃した疑問点もさらに突き詰めて質問しております。

コロナ禍で変わったことは?

債務整理相談ナビ編集部
今回はコロナ禍の中直接お会いできる機会をいただきありがとうございます。
 
債務整理相談ナビも2016年にサービスを開始したウェブメディアでちょうど5年間経ちまして、はたの法務事務所の現状をアップデートさせて頂けたらと思っております。
 
早速ですが、コロナ禍で変わったことはありますか?

はたの 鈴木司法書士
コロナ禍でやはり金銭的に厳しい方が増えてきているようで相談者の数も増えています。
 
コロナを機に一番大きく変わったこととしては、今まで全国遠方の相談者の場合でも出張して個別面談をしていたのが、やはり感染防止の観点で相談者の方から対面での面談をお断りされるケースがあります。
 
ただ、以前よりは減りましたが状況に応じて出張面談は引き続き実施しています。

相談者の首都圏、地方の割合

なるほど。確かにコロナ前は、個別面談を求められていましたものね。
 
全国の方の相談を受けていらっしゃることは知っていましたが、例えば、本社のある関東圏とその他の地域だと相談者の割合は、どれくらいになるのでしょうか?
 
ざっくりでいいのですが、やはりこちらが東京にあるですので、関東8:その他の地域2くらいでしょうか?

鈴木代表
いいえ。詳しくデータはとっていないので正確な数値ではないですが、感覚的にはおそらくその逆で関東4:その他の地域6くらいですくらいです。
 
東京は、やはり弁護士も司法書士事務所もかなり多いので、地方の方からご連絡いただくことがとても多いです。

それは、意外です。地方の方の相談が多いのですね。

鈴木代表
はい。
 
地方に住んでいらっしゃる相談者の方から何回か聞いた話だと、一度地元の弁護士さんに相談したけど、希望していた任意整理での和解は無理だから、自己破産を勧められて、うちに連絡したという方もいらっしゃいます。
 
破産をするというのは結構嫌な気分になりますから、他で任意整理での和解が難しいと言われて、うちに相談される方は多いです。

最後の砦として相談されたということですね。

鈴木代表
やはり破産をするというのは多くの方にとっては非常に避けたい解決方法なのですね。

はたの法務事務所の強み

はたの法務事務所_相談実績20万件以上!

それは理解できます。そうすると任意整理の和解は、はたの事務所の強みと考えてよろしいのでしょうか?

鈴木代表
司法書士を30年近くやっていますと、債権者との和解の実績があるので、ある程度信頼関係があるのかもしれません。
 
債権者もこちらの言い分をしっかり聞いてくれていると思っております。もちろんいつもこちらの希望通り和解ができるわけではないです。
 
ただ、自己破産ではなく相談者の希望される任意整理の和解ができたケースも今まででたくさんあります。

和解期間は5年返済がメイン?

和解交渉の具体的なところですが、依頼者側としてはできるだけ長い期間で支払って月々の返済額を減らしたいという希望があると思います。
 
通常和解の期間でよく聞くのは、3年とか5年つまり、36回とか60回に分けて返済できるように交渉するものですか?

鈴木代表
もちろん、それくらいの期間で支払える方はそれで交渉しますが、支払いが厳しい方だと100回払いや1ヶ月1000円の返済で交渉して、和解することもありました。

はたの法務事務所の債務整理でかかる費用

はたの法務事務所 他社費用比較

それはすごいですね。月1000円なら相談者側もありがたいでしょうね。和解交渉のスキルというか、そういった実績があるということがよくわかりました。
 
次に、費用についてお聞きします。
 
はたの事務所でかかる費用は、任意整理だと相談料0円、着手金0円です。再生や破産でも相談料、着手金ともに0円です。
 
つまり、任意整理でかかる費用というのは、基本報酬の1社2万円〜と、減額報酬だけと考えていいのでしょうか?
 
他に実費的な追加費用はかかりますか?

鈴木代表
基本報酬の1社2万円〜と、減額報酬だけと考えていただいて良いです。
 
ただ、減額報酬は、過払金のように借入総額自体が減額された場合のみ適用されます。
 
つまり、過去法定金利以上の支払いをしたことがある場合に、金利支払い分を借入金から差し引いて借入総額が減額になった場合にのみ12.8%いただきます。
 
過払金がないケースでは返済額が減額されないので基本的に減額報酬はほとんどのケースでかかりません。
 
かかってもそれほど大きな金額になることはほとんどないです。

つまり通常は基本報酬のみしかかからないということでいいですね?

鈴木代表
はい。

なるほど。弁護士事務所のように着手金もかからない、減額報酬もないとなると、基本報酬だけで事務所運営は大丈夫ですかと逆に聞きたくなるのですが。

鈴木代表
多くの相談者を解決させることでなんとかやっているというのが実情です。だからとても忙しいです。

1社22,000円〜が気になります

借金で困っている方にできるだけ安い費用で解決に導いているのですから、とても素晴らしいです。
 
基本報酬についてさらにお聞きしたいのですが、1社2万円〜とのことなのですが、〜が気になっていて、具体的に教えていただけますか?

鈴木代表
はい。最も安い場合に1社2万円になることもあるのですが、例えば一般的な相談者の平均の債権者数3、4件だと1社4万円(税抜き)~5万円(税抜き)が通常です。
 
もちろんその時の相談者の状況、債権者の状況をみて1社あたりの費用が前後することもあります。

では、例えば、債権者が3社であれば、基本報酬12万円+消費税のみと考えていいですか?

鈴木代表
はい。

なるほど。1社あたり2万円ではないですが、それでも、着手金や日当・実費などがかかる事務所が多いですから、安いのはよくわかります。費用は相談者にとって何より大事な要素だと思うので。

鈴木代表
はたのでは、必ず相談者にはこれくらいの費用がかかる旨を相談時に提示しています。
 
他の事務所に相談される際も、必ずいくらかかるのか確認した方が良いです。明確に費用について説明がない所は危険だと思います。
 
相談者から数社に問い合わせをして、はたのが安かったのでお願いしたいといただくケースも多いです。

弁護士との違い

相談後に費用については、しっかり確認することは重要ですね。
 
弁護士との比較でお聞きしたいのですが、弁護士よりも費用が安くなる可能性があることはわかったのですが、その他に違いはありますか?

鈴木代表
1社あたり140万円以上の借入がある場合は、弁護士が対応します。
 
もちろん、できる限り全体の費用が安くなるように、140万円未満の債務の分ははたのが責任を持って仕事をします。

はたのでの債務整理の仕事は全体のどれくらい?

もう一つお聞きします。司法書士だと、債務整理以外にも登記などの業務内容もあると思うのですが、はたの事務所では、債務整理の仕事依頼は、全体のどれくらいなのですか?

鈴木代表
もちろん、登記などの仕事依頼もありますが、債務整理の依頼が多いです。

そうなのですね!債務整理の交渉に自信があって、強みを生かした事務所運営をされているのでしょうね。
 
質問は以上となります。本日は、お忙しい中お時間いただきありがとうございました。


 

はたの法務事務所に相談する

はたの法務事務所聞き取り取材【インタビュー1回目】

はたの法務事務所 鈴木司法書士 直撃インタビュー
はたの法務事務所にお話を伺う機会が得られましたので、当サイトでの高評価の要因など率直な疑問をぶつけてみました。
 
相談される方にとってはたのさんの強みや特徴・事務所の雰囲気などがわかる非常に有益な情報になりますので、許可をいただき掲載させていただきました。

 

強みや特長について

はたの法務事務所が得意とする債務整理の案件はありますか?
 
逆に、こういう相談は対応しづらいというものはありますか?

はたの法務事務所 鈴木法克先生
過払い請求、任意整理、個人再生、自己破産など、個人と金融会社との借金問題については得意としております。
 
逆に、個人間の借金問題、家賃の延滞交渉、税金の滞納、給料の差し押さえ解除などは対応が難しいため、お断りしております。
 
また、収入の無い方(予定の無い方)や連絡が取れない方も、ご対応が難しくなります。
 
まずはお電話(通話料無料)にて、お気軽にご相談いただければと思います。

はたの法務事務所の他事務所にない強みはありますか?

鈴木司法書士代表
以下のような特徴や強みがございます!
 
・全国対応、出張面談(一部対応が出来ない場合があります。)
・着手金無料
・基本報酬代が業界平均より安い
・長年に渡る司法書士経験、債務整理の相談件数は20万件以上、債務整理の受任件数は8,000件以上の信頼と実績

代行弁済とは?

代行弁済という依頼者に寄り添った制度を行っていらっしゃいますが、具体的にどういった点が、依頼者に受け入れられているのでしょうか?

鈴木代表
代行弁済とは、はたのが依頼者に代わり、債権者へ返済処理をすることです。依頼者ははたのに対して一括で返済額を振り込むだけとなります。
 
手数料や振り込み手数料(実費)は別途かかりますが、以下のようなメリットがあるため、多くの依頼者の方(約9割)にご利用いただいております。
 
・電話や封書などの督促通知が自宅に来なくなるため、家族に知られずに返済を続けることが出来ます。
・複数社の返済がある場合でも、はたのへ一括で振り込めばいいので、手間が大幅に省けます。
・何か問題があった場合でも、はたのに相談が出来るので安心。

 
任意整理の際の返済代行についてのメリット・デメリットの記事をご覧ください。

全国対応・出張面談について

日本全国の債務整理の相談を受け付けていらっしゃいますが、事務所がある東京に出向かなくても、債務整理の解決に支障は出ませんか?

鈴木代表
事務所に来ていただくことが出来なくでも問題ございません。全国無料出張をしておりますので、安心してお問い合わせください。
 
尚、お近くの方はお手数ですが是非、事務所へお越しください。より迅速に対応が出来ます!
 
ご依頼者の方からは荻窪駅(都心から近いがあまり大きい駅ではない)であることが逆に駅から事務所が近く、場所が分かりやすい!とのお声をいただいております。
 
※新宿駅や池袋駅などの大きい駅の事務所だと、駅から遠かったり、迷いやすい…という声も。

なるほど。例えば、東京から遠い相談者の場合、出張してもらえるのでしょうか?もし、出張が可能なら面談場所はどこになるのでしょうか?
 
そして、出張の費用はどうなるのでしょうか?

鈴木代表
日程を調整の上、基本的には全国各地にお伺いいたします。
 
場所はホテルのロビーやカフェ、貸会議室などこちらでご手配いたします。もちろん、出張費用や場所代などはいただいておりません。面談費用は無料です!

相談前に準備するものは?

相談者が最初にメールや電話で相談する時に注意することはありますか?

鈴木代表
分かる範囲で構いませんので債務状況を明確に教えていただきたいです。
 
具体的には、どこの会社からいくらくらいの借入があるのか、です。
 
複数社からの借り入れがある場合でも、正直にお教えいただければ、最短、最適なお手伝いが出来ます。
 
あとは、ご連絡を取れる状態にしていただきたいです。
 
お仕事などで出られない状況にある場合もあるかと思いますが、やり取りの途中で連絡が取れなくなってしまう方もおり、お手伝いしたくでも出来なくなってしまうこともあり残念です。

なるほど。具体的な債務状況があるといいのは確かですよね。
 
でも、どこからどれくらい借りたか明確にわからない場合、相談に乗ってもらうことはできないのでしょうか?

鈴木代表
どこの会社から借り入れをしているかだけでも分かれば、弊社でお問い合わせをして確認が出来ます。
 
もし、会社名も全く分からない場合は、ご自身で信用情報機関にお問い合わせいただき、お調べいただくことをお勧めいたします。

信用情報機関への問い合わせの仕方

信用情報機関への問い合わせというのは簡単にできるのですか?

鈴木代表
今ならスマートフォンで簡単に信用情報(契約情報、支払い状況)を取得できます。
 
費用は、1,000円程度です。JICC(日本信用情報機構)のホームページでやり方はすぐにわかります。

 
日本信用情報機構(JICC)など信用情報機関については、こちらの記事が詳しいです。

実際に面談をすることになったら教えてもらうことになると思いますが、心の準備として面談前に用意するものを教えて下さい。

鈴木代表
はたの法務事務所は、借金でお困りの方の味方ですので、お気軽にお越しください。
 
尚、持ち物としては免許証やパスポートなどの「写真つきの身分証(保険証や住基カードでも可)」をお忘れなく!

受任(契約)後の手続き・プロセスは?

受任契約を結んだ後、債務整理をより迅速に行うために、依頼者側は何をすべきですか?それとも、ひたすらおまかせしていれば良いですか?

鈴木代表
こちらからお送りする書類に必要事項をご記入いただき、早急にお戻しいただくことが最優先となります!
 
こちらを受領した後、出来る限り迅速に対応いたします。(受領後、お電話でも確認しますので、ご了承、ご対応をお願いいたします。)

受任契約締結後、司法書士は、債務整理ができるまで、具体的にどのようなプロセスを得るのでしょうか?
 
よくホームページなどで「200万の借金が100万円になりました!」など結果だけ記載されているケースがあります。
 
1具体例で構わないので、司法書士の方がどのようなプロセスを得て解決に導いているのかを非常に知りたいと思いますので、お教えいただけますか?
 
例えば、ホームページにある「分割返済案提案(和解交渉)」の様々な交渉具合をお教えいただける範囲で説明いただけたら嬉しいです。

鈴木代表
ケースバイケースですが、一般的な債務整理の事例としては…
 
例:利息の削減交渉の場合

受任(依頼者がはたのに依頼をし、受領した状態)

受任通知送付(はたのから債権者へ)

支払い停止(5〜6か月間)※猶予を与えてもらう

債権者は停止期間に、はたのに分割で返済分(預かり金)を払い貯めておく。

和解交渉⇒交渉成立(はたのと債権者間)

取り決めた金額、期間での返済を続けていく。
 
尚、交渉成立した段階で初めて報酬を頂いておりますが、依頼者様側のご都合で契約を解除された場合は、キャンセル料をいただいております。
 
また、しっかりと返済をしていくには、預かり金はしっかり貯めた方がいいです。(重要です!)

取り立てについて

借金の取立は、どのタイミングでストップしますか?

鈴木代表
一般的にはご依頼いただいて、はたのから債権会社へ受任通知を送ってから約2週間くらいで止まります。
 
ご依頼後でも行き違いにより依頼者側へ直接、連絡が行く場合もありますが、その場合、「はたの法務事務所」に依頼したことを伝えてください。
 
そうすれば電話は来なくなり、はたので対応させていただきます。

費用の支払いタイミング

多くの債務整理の実績のある弁護士・司法書士事務所を把握しておりますが、「はたの」は、費用に関してはかなりコストパフォーマンスが良いと思います。
 
着手金は無料とのことですが、実際に、依頼をした場合、はたの法務事務所に支払う報酬、また支払う時期などについて教えて下さい。

鈴木代表
費用についてはなるべくご負担にならないよう、こちらも努力させていただいております。
 
サイト上にも費用は明記しておりますが、他社と比べていただければと思います。他社では記載以外の手数料などが掛かる場合もあるようですので、気になる方は、全体の料金をご確認、比較した上でご相談いただいても構いません、
 
尚、最初にお支払いいただくタイミングにつきましては、ご依頼者の状況によって柔軟に対応させていただいております。
 
基本的には当月から返済金を弊社で留保するためお支払いいただきますが、初回を少なくするなどご相談は可能ですので、正直に現在の状況をお教えください。

 
借金のご相談、自己破産、個人再生(民事再生)の費用について

家族に内緒にできますか?

最後に家族や会社には絶対にばれないで債務整理をしたいのですが、可能ですか?
 
また、通常、ばれてしまうパターンというのはどういう形でバレてしまうのでしょうか?

鈴木代表
基本的には、はたのに連絡が来るので、ご家族や会社に知られてしまうことはありません。
 
しかし、受任後や和解後の支払いが滞った場合、裁判を起こされる可能性があり、そうしますと訴状が自宅に届くため、その時点で家族に知られてしまうことがあります。
 
これを防ぐには、はたのからの連絡や、お約束した支払いはしっかりと続けていただくことを強くおすすめいたします。

相談受付中!はたのへ相談してみる

ずっと穏やかに話を聞いていただきました。
 

債務整理の相談をする目安?

今、相談するかしないか迷っている方もいると思うのですが、今、相談するかどうかの判断基準はありますか?
 
また、借金の額がどのくらいだと相談した方がいいという基準は過去の実績からありますか?

鈴木代表
お借り入れ金額ですと、5万円未満の場合は弊社への手数料などの方が高くなってしまいます。
 
ですので、弊社にご依頼されるよりご自身でご返済を続けられることをお勧めいたします。
 
実際にお問い合わせを頂いても、上記をご説明してお断りするケースもございます。
 
逆に、借入金が数万円と少なくても一括での返済を求められる場合は任意整理をされた方が、手数料なども含めても返済額が少なくなる場合が多いです。
 
また、他社で自己破産や個人再生しか無いと言われた方でも、任意整理で対応出来る場合があります。
 
こちらはあくまで目安ですので、まずはお気軽にお問い合わせください!

債務整理ってそもそもうまくいくもの?失敗ケースの事例

債務整理は必ずうまくいくのでしょうか?過去のケースでうまくいったケースはどれくらいの割合でしょうか?

鈴木代表
基本的には上手く進めることが出来ますが、借り初めて短期間(3か月間)の場合は出来ないことがあります。
 
また、依頼者の方の過去の返済状況によっては、上手くいかない場合もあります。

長い間、司法書士として多くの債務整理事案を取り扱っていらっしゃったと思いますが、共通しているどうしてもうまくいかない依頼者側の失敗パターンはありますか?
 
逆にうまくいくパターンの依頼者側の共通する行動、考え方はありますか?

鈴木代表
失敗というか、最後までお手伝いできなくなったしまうパターンとしては、病気や妊娠、自己都合で仕事が出来なくなり収入が途絶えてしまう場合が多いです。
 
また、先程もお話ししましたが、途中で連絡が取れなくなってしまう方は、どうしても進めなくなります。
 
逆に上手くご協力が出来、完済が出来る方はやはり、苦しい状況でも仕事を辞めず、収入を継続させている方です。

先生の解決実績とアドバイス

長い間の司法書士人生を通して、債務整理に関して最も思い出深い案件をひとつ教えていただけますか?

鈴木代表
どれか一つではないですが、依頼者の方から感謝されたことです。

最後に、債務整理で困っていて、専門家に相談するかどうか迷っている方に向けて、アドバイスをお願いします。

鈴木代表
1人で悩まずに、まずはお電話(通話料無料)でご相談ください。
 
お問い合わせいただいた結果、依頼されなくても構いませんし。他の事務所と比較していただいても構いません。
 
事務所によって費用が異なりますが、「はたの」は着手金無料です。今、手元にお金が無くても信頼してご協力いたします。
 
その代わり、報酬のお支払いはしっかりとお願いいたします。(全体的な費用も業界平均に比べ、お安くなっております。)
 
追加料金や別途手数料がかかる事務所もございますが、はたのは費用を明示しておりますので、ご安心ください。
 
不安なことや分からないことも多いと思いますが、私たちは真摯に対応させていただきますので、是非、安心してご連絡いただきたいと思います。
 
メールなどでは伝わらないことも多いと思いますので、是非、営業時間内にお電話(通話料無料)頂けると幸いです。
 
※営業時間外は、お問い合わせフォームからご連絡ください。翌営業日に当所より、お電話させていただきます。

お仕事が忙しい中にも関わらず、真摯に話を聞いて頂き、お話をしていただきました。
本当にありがとうございました。

フリーダイヤルで相談してみる!

はたの法務事務所に相談した後の支払いが遅れそうだ!など不安点・疑問点をまとめてみました。参考にしてください。

代表インタビューでわかるはたの法務事務所の特徴や強み

はたの法務事務所に依頼するメリット・デメリットはたの法務事務所に依頼する場合のメリットはこちら!

はたの法務事務所の5つの強み
  1. 業界最安値レベルの費用
  2. 司法書士歴27年以上の信頼と8000件以上の解決実績
  3. 代表インタビューなどでわかる話しやすい人柄
  4. 代行弁済ができる
  5. 女性専用相談ダイヤルあり

以下で詳しくみていきます。

強み1:業界最安値レベルの費用

はたの法務事務所の強み1:業界最安値レベルの費用はたの法務事務所の強みの1つが、料金体系の安さが挙げられます。のちに、鈴木代表にも料金の安さについてはインタビューしていますので、確認してみてください。
 
相談料金は無料、着手金も無料(0円)ですので、安心して相談ができます。お金に困っているからこそ相談しているのですから、着手金がかからないのは非常に良心的でありがたいと思います。
 
必要な費用は、着手金が無料(0円)ですので、基本報酬の1社あたり2.2万円〜のみとなります。ただ、1社あたり2.2万円〜というのは、債権者や債権者数によって〜の部分が変わってくるそうです。
 
仮に1社の債権者の債務整理となってかかる費用が2.2万円のみとなると。和解交渉が手強い債権者もありますし、事務所としても費用と手間を考えると採算が合わないでしょう。
 
難易度や債権者数によって費用が変わるのは理解できます。
 
とはいえ、着手金や成功報酬、事務手数料の類は一切掛かりませんので、基本的には他社と比べて費用は安くなる可能性が高く、はたの法務事務所を選ぶ最大のメリットです。

強み2:司法書士歴27年以上の信頼と8000件以上の解決実績

はたの法務事務所の強み2:債務整理の豊富な解決実績借金問題を専門に27年以上の司法書士としての実績があります。27年の知識と経験で対応してもらうのは心強い限りです。
 
長年の債務整理解決の実績を評して司法書士会から表彰されており、信頼度は抜群です。
 
また、解決実績も8,000件以上、相談実績は20万件以上と多く、実績・サポート面についても安心できます。

強み3:聞き取り取材などに応じていただき真摯に優しく回答いただける人柄

はたの法務事務所の強み3:真摯で気さく話しやすい人柄後述しますが、お忙しい中2度インタビューをさせていただき、疑問点をお聞きしながら、真摯に丁寧な対応が印象に残っています。
 
困って相談する側から見るととてもありがたい特徴だと思います。

強み4:代行弁済を実施してくれる

はたの法務事務所の強み4:代行弁済をしてくれるはたの法務事務所が、借金返済完了まで債務者と債権者の間に入った対応が可能です。
 
つまり、債務者と債権者との間に「はたの法務事務所」が入って和解をすることで、はたのを通して借金の返済をしていきます。
 
督促の連絡も債権者からは来なくなり、非常に安心できるシステムです。
 
はたので相談され契約を結んだほとんどの利用者が、この代行弁済を利用しているそうです。代行弁済については、以下の記事が非常に詳しいです。

代行弁済のメリット

代行弁済の4つのメリット
  1. 債権者からの連絡が来ない
  2. 家族にも秘密にしやすい
  3. 今後も代理人がはたの法務事務所
  4. 返済の管理が楽

債権者からの連絡が来ない

代行返済をしない事務所の場合、月々の支払額を決定して和解した時点で解約は終了します。
 
あとは、淡々と債権者に月々の支払いを行っていくことになります。
 
しかし、代行弁済を行うことで、何かあった場合など、直接債権者から連絡が来るのは、「はたの」になります。
 
債権者から連絡が来ないと言うだけでとても安心感がでます!

家族にも秘密にしやすい

通常は消費者金融などの債権者からの連絡は、電話だったり封書が来たりすることで、家族に絶対に内緒にしたい方もそこでバレてしまうことがあります。
 
しかし、「はたの」が間に入ることで、電話を携帯に、封書も個人名で出すなどして家族に内緒で債務整理をしやすくなります。

今後も代理人がはたの

任意整理などの和解が成立した場合、債権者側は利息が取れなくなるため、一層取り立てがきつくなったりしがちですが、代行弁済をすることでそういうこともなくなります。
 
今後の取り立て、督促を含むあらゆるやり取りを代理人(はたの)が行ってくれるので、本当に安心のシステムです。

返済の管理が楽

債権者が複数ある場合、支払いの期日がまちまちであるため返済の管理が煩雑になります。また、その度に振込手数料も必要になります。
 
ですが、代行弁済であれば、「はたの」に支払いをすればOKで、振込も事務所が行ってくれるので、管理面においてありがたい制度です。

代行弁済まとめ

代行弁済を行うことで、督促の相手が「はたの」になるので、取り立てに対するストレスを一気に減らすことができます。
 
是非相談してみましょう。 借金返済完了まで寄り添ってくれる非常に喜ばれているサポート・システムです。

強み4:女性専用無料ダイヤル設置

はたの法務事務所の強み5:女性専用電話を設置通常の無料相談電話と同様、平日の8時30分から21時30分、土日祝日は8時30分から21時まで専用の電話番号を設置して相談を受け付けています。

ご相談ははこちらから

はたの法務事務所に依頼するデメリットを解説

それでは、デメリットについてもみてみましょう。

はたの法務事務所の2つのデメリットは?
  1. 代理権限の範囲が狭い
  2. 1社あたりの借入額が140万円以下の法律相談しかできない

1.代理権限の範囲が狭い

司法書士は、裁判所を通す必要がある個人再生や自己破産手続きを代理する権限がなく、必要書類の作成までとなります。
 
ですから、裁判所等の面談時の同席の権限はありません。そういった役割の違いから費用面で弁護士と司法書士で違いが出ることがあります。
 
とはいえ、裁判所での代理人になる権限がなくても、しっかりと個人再生や自己破産での解決実績があることは確かです。
 
どこまでやってもらって、どういうケースで自分一人で対応しないといけないのか、相談時に確認することをおすすめしています。

2.1社あたりの借入額が140万円以下の法律相談しかできない

1社あたりの借金額が140万円を超える債務整理の法律相談・債権者との交渉・訴訟の代理は、司法書士はできません。
 
こちらもデメリット1の権限の違いと同じですが、1社あたりの借入額が大きい場合は、弁護士事務所に依頼しましょう。

はたの法務事務所に依頼するメリット(強み)・デメリットのまとめ

はたの法務事務所

メリット・強み ・着手金無料など業界最安値の費用体系
・司法書士歴27年以上の信頼と8000件以上の対応・解決実績
・代表インタビューでわかる話しやすい人柄
・代行弁済ができる
・女性専用相談ダイヤルを設置
デメリット ・代理権限の範囲が狭い
・1社あたりの借入額が大きい(140万円超)と相談にも乗れない
はたの法務事務所に相談する

はたの法務事務所の費用体系!強みの費用の安さは本当かを他社と比べました

はたの法務事務所まずは、はたの法務事務所の債務整理(任意整理・過払い金請求・個人再生・自己破産)の費用をそれぞれ紹介します。

任意整理とは?

任意整理の費用 はたの法務事務所任意整理は、裁判所を介さず債権者と和解交渉をして毎月の返済額を減らす、債務整理のなかで最も利用されている手続きです。
 
任意整理のメリットやデメリットなど詳しい解説はこちら!

はたの法務事務所の任意整理の費用

任意整理 着手金:0円
基本報酬:22,000円〜/社
減額報酬:減額分の10%

※料金は、状況によって異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

任意整理費用の他社事務所との比較

当サイトでおすすめしている弁護士や司法書士事務所の任意整理の費用をはたの法務事務所と比較できるようにまとめました。

任意整理の費用
はたの法務事務所 着手金:0円
基本報酬:22,000円〜/社
減額報酬:減額分の10%
アース法律事務所 着手金:22,000円〜/1社
解決報奨金:22,000円
減額報酬:減額した金額の11%
ひばり法律事務所 着手金:22,000円/1社
報奨金:22,000円
減額報酬:減額した金額の11%
経費:5,500円/社
東京ロータス法律事務所 着手金:22,000円/1社
報奨金:22,000円
減額報酬:減額した金額の11%
諸費用:5,500円/社
みつばグループ 着手金:11,000円〜/1社
解決報奨金:11,000円〜

※料金は、状況によって異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。
 
はたの法務事務所の着手金0円、任意整理1社あたり2万円〜というのは、弁護士・司法書士を通じて最安値レベルでしょう。
 
着手金がかからないこともあり安い費用レベルであるのは確かです。
 
ただ、任意整理の報酬1社あたり2万円〜という表記は、債権者や債権者の数により、3万円になったり5万円になったりするということです。
 
司法書士は、弁護士と違い着手金を取らない事務所が多いですから、交渉が大変な債権者であったり、債権者数が少ないと、1社2万円だと事務所としても経営が厳しくなることは想像できます。

個人再生とは?

個人再生の費用_はたの法務事務所個人再生は、裁判所を通して大幅に借金額を減らすことが可能な債務整理の方法の一つです。個人再生のメリットやデメリットなど個人再生の詳しい解説はこちら!

はたの法務事務所の個人再生の費用

個人再生 報酬385,000円~
個人再生委員(※)が選任された場合:+220,000円〜

※料金は、状況によって異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

個人再生費用の他社事務所との比較

当サイトでおすすめしている弁護士や司法書士事務所の個人再生の費用をはたの法務事務所と比較できるようにまとめました。

個人再生の費用
はたの法務事務所 報酬385,000円~
個人再生委員(※)が選任された場合:+220,000円〜
アース法律事務所 住宅なし着手金:330,000円〜
住宅あり:440,000円〜
報奨金:220,000円〜
ひばり法律事務所 着手金:330,000円〜
報奨金:220,000円
諸費用あり
東京ロータス法律事務所 着手金:330,000円
報奨金:330,000円
住宅ローンあり:+110,000円
諸費用:55,000円
みつばグループ 基本報酬:330,000円〜

※個人再生委員は、裁判所が個人再生手続の指導監督をさせるために選任することができますが、選任しないのが原則的運用である裁判所もあります。ただ、東京地方裁判所では,原則として全件再生委員が選任する運用がされています。
※料金は、状況によって異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

自己破産とは?

自己破産の費用_はたの法務事務所自己破産は、裁判所を通して借金額を免除してもらう債務整理の方法の一つです。自己破産ができる条件やメリットやデメリットなど詳しい解説はこちら!

はたの法務事務所の自己破産の費用

自己破産 330,000円~
少額管財事件:+220,000円~

※料金は、状況によって異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

自己破産費用の他社事務所との比較

当サイトでおすすめしている弁護士や司法書士事務所の自己破産の費用をはたの法務事務所と比較できるようにまとめました。

自己破産の費用
はたの法務事務所 330,000円~
少額管財事件:+220,000円~
アース法律事務所 着手金:330,000円〜
報奨金:110,000円〜
ひばり法律事務所 着手金:220,000円〜
報奨金:220,000円〜
諸費用あり
東京ロータス法律事務所 着手金:220,000円
報奨金:220,000円
管財事件:+200,000円~
諸費用:55,000円
みつばグループ 基本報酬:330,000円〜

過払い金請求とは?

過払金請求の費用 はたの過払い金請求とは、今までに支払い過ぎた利息を返還してもらうことを言います。
 
なぜ過払い金というのが発生するのか?カラクリについてはこちらで詳しい記事があります。

はたの法務事務所の過払い金請求の費用

過払い金請求 取り戻した過払い金額の22%
10万円以下の場合は14%
11,000円の計算費用

過払い金請求の費用を他社事務所と比較

当サイトでおすすめしている弁護士や司法書士事務所の過払い金請求の費用をはたの法務事務所と比較できるようにまとめました。

過払い金請求の費用
はたの法務事務所 取り戻した過払い金額の22%
10万円以下の場合は14%
11,000円の計算費用
ひばり法律事務所 着手金:0円
報奨金:0円
成功報酬:回収金の22%
東京ロータス法律事務所 着手金:0円
報奨金:0円
報酬:回収額の22%
みつばグループ 報酬:取り戻した金額の22%

 

登記費用

不動産登記

所有権移転登記 55,000円~+登録免許税
抵当権設定登記 38,500円~+登録免許税
抵当権抹消登記 15,400円~+登録免許税
変更・更生登記等 22,000円~+登録免許税

商業登記

会社設立登記 (株式会社)88,000円~+登録免許税165,000円+公証人費用57,200円
(合同会社)88,000円~+登録免許税66,000円
本店移転・商号・目的変更等 33,000円~+登録免許税33,000円
社員・役員・支配人等の選任変更 13,200円~29,700円+登録免許税11,000円(33,000円)
更正登記 22,000円+登録免許税22,000円

相続・贈与費用

相続登記・贈与登記 385,000円~+実費
戸籍等収集・調査 3,300円~+実費
遺産分割協議書作成 8,800円~+実費
固定資産評価証明書取得 2,200円~
事前調査 1,100円~+実費770円
事後謄本 1,100円~+実費770円

はたの法務事務所の権限と費用比較表

はたの法務事務所
アース法律事務所
ひばり法律事務所
東京ロータス法律事務所
司法書士法人みつばグループ
そうや法律事務所
新大阪法務司法書士事務所
サンク総合法律事務所
アヴァンス法務事務所
アース司法書士事務所
司法書士法人杉山事務所
弁護士法人天音総合法律事務所
エストリーガルオフィス
シン・イストワール法律事務所
司法書士法人アストレックス
ウイズユー司法書士事務所
ジャパンネット法務事務所
Duelパートナー法律事務所
ウォーリア法務事務所

 
はたの法務事務所の強みや弱さを「権限」「相談料」「着手金」「報酬額(費用)」の4つの項目でわかりやすくまとめました。
 
また弁護士など他事務所との比較も簡単にできるので、参考になると思います。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

権限 相談料 着手金 報酬額

司法書士法人はたの法務事務所
司法書士

140万円以下

相談料無料

着手金0円

22,000円〜/1社

アース法律事務所
弁護士

制限なし

相談料無料

22,000円/1社

22,000円/1社

弁護士法人ひばり法律事務所
弁護士

制限なし

相談料無料

22,000円/1社

22,000円/1社

東京ロータス法律事務所
弁護士

制限なし

相談料無料

22,000円/1社

22,000円/1社

MITSUBA GROUP
司法書士

140万円以下

相談料無料

11,000円〜/1社

11,000円〜/1社

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

はたの法務事務所をはじめ司法書士には権限面で大きなデメリットがあります。
 
ただ、その分、費用面で着手金無料などメリットもあります。費用面も含めて総合的に事務所選びの判断材料にしてください。

はたの法務事務所と同程度の料金レベルと解決実績がある司法書士

以下の2つは、任意整理の費用体系が同じ、かつ債務整理を扱ってきた実績も豊富ですので、非常に人気がある司法書士事務所です。

はたのへ相談する

はたの法務事務所の基本情報

 

事務所名 司法書士法人はたの法務事務所
東京本社所在地 東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5F
大阪支社所在地 大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
会社URL https://hikari-hatano.com/
代表者 鈴木 法克
資本金 司法書士法人のため不要
所属司法書士会/登録番号 東京司法書士会/東京 第7018号
代理認定番号 第101196号
弁護士or司法書士 司法書士
対象地域 全国
任意整理の着手金 無料(0円)
女性専用窓口 あり
営業時間・電話番号 ・予約メール・問い合わせ:24時間365日無料相談
・予約電話:平日8:30〜21:30  土日祝8:30〜21:00

はたの法務事務所の動画

 

はたの法務事務所 東京本店ってどんな場所?最寄駅からのアクセス方法


 
地図(Googleマップ)で見るとよくわかりますが、右手に線路を見ながら歩いていけば良さそうだということはわかります。
 
実際に歩いて来ましたので、参考にしてください。

JR荻窪駅
最寄駅のJR荻窪駅南口を出て、徒歩約3分で見えてきます。

右手に線路を見ながら歩けばOKです。

はたの法務事務所が入っているビルの1階は、足と歩行の診療所という足のクリニックが入っています。
 
4階に入っている「健康やせ」のピンクの看板も目印になります。


2階には、個別教室のトライも入居している荻窪NKビルの5階、6階がはたの法務事務所です。
司法書士法人はたの法務事務所
はたの法務事務所
5階までエレベータで上りますと、看板があります。

事務所内は、こんな感じでした。相談できる部屋がいくつかありました。
 

はたの法務事務所 大阪支店の最寄駅からのアクセス方法

はたの法務事務所 大阪支店地図次は、大阪支店へのアクセス方法を見てみます。最寄駅は、御堂筋線「西中島南方駅」です。改札は1番出口から出てください。
 
ずっと直進で着きますので、安心して進んでください。

西中島南方駅西中島南方駅1番出口から出て、右に三井住友銀行、左にファミリーマートとドトールが見えます。
ドトール左に進み、ファミリーマートとドトールがあることを確認して進んでください。
2個目のファミリーマート2個目のファミリーマートがあることを確認して、そのまま直進です。
サニーストンホテルサニーストンホテルを右手に見て、さらに直進です。
串カツ屋五味箱串カツ屋さんが見えたら、もうすぐで着きます。
新大阪コパービル新大阪コパービルに着きました。
303号室新大阪コパービル303がはたの法務事務所大阪支店です。徒歩5分程度で駅から到着します。

はたの法務事務所が選ばれる理由とは?

表彰状
はたの法務事務所ホームページから引用した、「はたの」が考えていることです。

過払い金請求・借金問題は、一人ひとりの状況によって解決方法が違います。
 
ご依頼者の経済的利益を最優先に考えたとき、調査や交渉などの局面で専門的知識と高度な交渉スキルが必要になります。
 
はたの法務事務所でこれまでに受任した案件は司法書士歴で8,000件以上。
 
大手の事務所と比較すると決して多い解決実績ではないかもしれませんが、少数精鋭で対応するからこそできる「きめ細やかな対応」が、はたの事務所が選ばれる理由のひとつです。
 
これまでに相談をためらっていた方は、ぜひ一度はたの法務事務所までお気軽にご相談ください。

 

はたの法務事務所
 
事務所にもお伺いしていますが、司法書士の先生を含めチームワークの良さや事務所の雰囲気の良さは感じられました。

はたの法務事務所にフリーダイヤルで相談

代表者「鈴木 法克」紹介

はたの法務事務所 鈴木代表

東京司法書士会所属。認定司法書士。前代表の「幡野博文」氏の引退に伴い、2022年よりはたの法務事務所代表。堅実な仕事で庶民の相談者として、様々な問題を解決。

 
東京司法書士会

 

はたの法務事務所に依頼する

はたの法務事務所の事業所がある都道府県は?

はたの法務事務所は、全国無料で出張面談をしているので、全国どこでも相談可能です。
 
近場の事務所だと世間体が気になる方から特にご連絡があるそうです。
 
事業所自体は、東京都と大阪府にありますので、近場の事務所にすぐに相談をしたいという東京や大阪に住まわれている方に向いています。

はたの法務事務所の5つの約束

はたの法務事務所が選ばれる理由

 

お手持ちがなくても督促停止

ご相談は完全無料

費用の分割払いもOK

全国どこでも無料相談OK

年中無休・24時間相談受付

 

はたの法務事務所に問い合わせする手順・流れを解説

はたの法務事務所にはフリーダイヤルが設置されていますので、そちらから電話で相談するのが最も楽でしょう。話す内容も、借金で困っていることを話せば、あとは事務所スタッフからの質問に答えるだけです。
 
電話受付時間は平日8時30分から21時30分まで、土日祝日も8時30分から21時00分まで相談が可能です。ホームページから電話ボタンを押すことで発信ができます。
 
また、電話ではない場合は、メール等問い合わせフォームもあります。問い合わせフォームからの相談も非常に簡単ですが、順に追って説明します。パソコンとスマホでも見え方が変わりますので、両方とも手順を説明します。

PC1:「お問い合わせはこちら」をクリック

はたの法務事務所 問い合わせはこちら赤線枠をクリックしてください。

PC2:お問い合わせフォーム「お客様情報」「借入状況」を入力

お客様情報「お客様情報」「借入状況」には、以下の情報を入力。

問い合わせ入力事項
  1. お名前
  2. 都道府県
  3. メールアドレス
  4. 電話番号
  5. はたの法務事務所からの連絡方法(自宅電話・携帯・メール)
  6. 連絡の希望日時
  7. 借入会社数(1件・2件・3件・4件・5件以上)
  8. 借入総金額(100万円未満・100〜200万円・200〜300万円・300〜400万円・400万円以上)
  9. 借入開始時期(●年■月頃)
はたの法務事務所に相談!

スマホ1:「お問い合わせはこちら」をクリックし、流れに沿って入力

はたの法務事務所 スマホ入力入力内容は、見た目は変わりますが、スマホもパソコンと同じです。

はたの法務事務所に関するよくある質問

はたの法務事務所に依頼をする際のメリット・デメリットはなんですか?
「はたの法務事務所」に依頼する5つのメリットは以下の通り。
 
1.業界最安値レベルの費用
2.司法書士歴27年以上の信頼と8000件以上の解決実績
3.代表インタビューなどでわかる話しやすい人柄
4.代行弁済ができる
5.女性専用相談ダイヤルあり
 
また、デメリットは2つ。
1.代理権限の範囲が狭い
2.1社あたりの借入額が140万円以上だと相談にも乗れない
 
詳しくは、「メリット・デメリットまとめ」をご確認ください。
はたの法務事務所の闇金対応は?
現時点で、はたの法務事務所では、闇金対応は行なっていないようです。
 
闇金対応に強みがある弁護士・司法書士事務所をピックアップした記事はこちら!

はたの法務事務所の任意整理の費用は?
はたの法務事務所の任意整理の費用は、着手金無料、基本報酬が1社22,000円〜となります。
 
最も安い場合に1社2.2万円になることもあるのですが、例えば一般的な相談者の平均の債権者数3、4件だと1社4.4~5.5万円が通常です。
 
もちろんその時の相談者の状況、債権者の状況をみて1社あたりの費用が前後することもあります。

当サイトおすすめの債務整理で人気専門家ランキング

はたの法務事務所を含む債務整理で相談したいおすすめの弁護士。・司法書士ランキングを作成いたしました。

この記事の執筆者

債務整理相談ナビ編集部

本記事は債務整理相談ナビを運営する株式会社cielo azul編集部が企画・執筆・編集を行いました。