債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理でおすすめの弁護士事務所,司法書士事務所20選!借金相談のおすすめ事務所はここ!

総合ランキング順
任意整理着手金額順
任意整理基本報酬順
PICK UP 1
はたの法務事務所
任意整理
着手金
0任意整理
基本報酬
20000
減額報酬10%過払い報酬12.8%
個人再生300000自己破産250000

※費用については、最低料金でのご案内であり、案件により料金体系が異なる場合があります。

ここがポイント!

PICK UP 2
名村法律事務所
任意整理
着手金
20000任意整理
基本報酬
20000
減額報酬10%過払い報酬20%
個人再生300000自己破産200000

※費用については、最低料金でのご案内であり、案件により料金体系が異なる場合があります。

ここがポイント!

PICK UP 3
債務整理おすすめ事務所_新大阪法務司法書士事務所
任意整理
着手金
0任意整理
基本報酬
20000
減額報酬10%過払い報酬20%
個人再生350000自己破産250000

※費用については、最低料金でのご案内であり、案件により料金体系が異なる場合があります。

ここがポイント!

PICK UP 4
アヴァンス法務事務所
任意整理
着手金
0任意整理
基本報酬
50000
減額報酬0%過払い報酬0%
個人再生330000自己破産270000

※費用については、最低料金でのご案内であり、案件により料金体系が異なる場合があります。

ここがポイント!

PICK UP 5
サンク総合法律事務所
任意整理
着手金
49800任意整理
基本報酬
39800
減額報酬10%過払い報酬20%
個人再生別途相談自己破産別途相談

※費用については、最低料金でのご案内であり、案件により料金体系が異なる場合があります。

ここがポイント!

PICK UP 6
司法書士法人杉山事務所
任意整理
着手金
0任意整理
基本報酬
50000
減額報酬0%過払い報酬19.95%
個人再生300000自己破産250000

※費用については、最低料金でのご案内であり、案件により料金体系が異なる場合があります。

ここがポイント!

任意整理とは

任意整理 弁護士

任意整理とは、裁判所を通さず、弁護士等が債権者と話しあって行う借金を整理する方策の一つです。

任意整理はどんな人に向いているのか?

1.銀行系大手消費者金融業者からの借入がメインの方

銀行系大手消費者金融業者とは

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • ダイレクトワン
  • オリックス・クレジット
  • ノーローン
  • などがあります。

    任意整理は、債権者との交渉毎ですので、債権者が和解に応じてくれないとなかなか先に進めません。そして、和解のしやすさは、債権者が誰かということが非常に重要なポイントです。

    一般論ですので、詳細は現場の弁護士・司法書士が現状の和解のしやすさなど確認が必要ですが、全国展開の銀行系大手商社金融業者は、ある程度長い期間の分割返済でも応じてくれる傾向が強いです。

    ですので、借入の大半が上記に示したアコムなどの銀行系の大手消費者金融業者の場合、任意整理で債務整理するのがbetterになるかもしれません。

    現状、この業者は何回の分割返済が可能という傾向を債務整理を多く扱っている弁護士・司法書士であれば把握していますので、しっかりとアドバイスをしてくれると思います。

    こういうことからも、やはり債務整理の相談をする際は、債務整理の解決実績の多い弁護士・司法書士に相談するのが絶対に必要だとわかると思います。

    2.借入総額が36(3年間)で割った額を毎月確実に返済できる方

    任意整理 弁護士
    こちらもあくまで一般論で、債権者によって状況は変わるのですが、概ね3年〜5年での和解であれば応じてくれることが多いです。もちろん、全く和解交渉に応じてくれなかったり、極めて厳しい条件での和解しか応じてくれないという債権者もいます。

    ですが、借金総額を36で割った金額を毎月返済できるかどうかが一つの目安になることは確かです。

    注意すべき点は、借金の返済だけではなく、毎月の生活費、その他の支払いがある場合は、よく確認して、自分の手取りの収入と比較して間違いなく支払えるか考えましょう。

    例えば、手取り20万円。毎月の生活費が15万円かかるのであれば、返済額はどんなに多くても5万円以下でなければ、結局はまた支払えなくなってしまいます。

    借金総額が100万円であれば、3年返済であれば、月々の返済額は、2万7,777円です。手取り20万円。生活費15万であれば、なんとか返していけますね。

    3.ギャンブル絡みで借金を抱えてしまった方

    借金の原因が、ギャンブル等の浪費の場合、自己破産などで免責されず、借金が減らない可能性があります。

    任意整理は、交渉事ですから、借金の原因が何であれ制限はありません。

    ですから、借金の原因がギャンブル等の場合、任意整理で整理するのが向いていると言えると思います。

    もちろん、ギャンブルでの借金がすべて自己破産できないとは限りません。

    自己破産が認められない条件とは?
    【わかりやすい解説つき】自己破産が認められない条件があります。しっかりその諸条件をみてみましょう

    任意整理で相談するおすすめ弁護士・司法書士

    任意整理
    着手金
    0任意整理
    基本報酬
    20000
    減額報酬10%過払い報酬12.8%
    個人再生300000自己破産250000

    ※費用については、最低料金でのご案内であり、案件により料金体系が異なる場合があります。

    ここがポイント!

    債務整理おすすめランキング一覧

    注目の特集

    PR(迷ったらこちら)

    都道府県別窓口

    PAGE TOP