債務整理におすすめの弁護士ランキング19選
ランキング特集、都道府県別特集、法律基礎知識特集

借金減額できる方法?シュミレーターの仕組みやカラクリを解説

借金減額シュミレーターは怪しい?仕組みやカラクリを解説

最終更新日 2022/8/15

 
借金を減額することは、国によって認められている正当な方法・手続きです(借金救済制度)。
 
借金問題を解決するために、債務整理や過払い金請求を行い、適切な手順を行うことで、借金を完全にチャラにしたり、大幅に減らしたり、利息相当額を免除してもらったりできる可能性があります。
 
ただ、誰でも簡単に借金が減額されたり免除されていれば、お金を貸してくれる人はいなくなります。適切な手続きを専門家にお願いし、借金減額によるデメリットも甘受してはじめて行えるものです。
 
借金減額診断(シュミレーター)とは、借金の減額制度に適応できるかを質問された何項目かに回答するだけで、どれだけ借金が減額できるかを調べられるものです。
 
ただ、このシュミレーター、あまりに簡単すぎるので、本当に大丈夫なの?と不安になる方が多いです。この記事では、借金減額制度や減額診断(シュミレーター)は信用して大丈夫なのか?仕組みやカラクリなどを調べていますので、ご確認ください。

 

この記事でわかること・借金が減額できる国が認める制度とは?
・借金減額診断(シュミレーター)って何?仕組みは
・借金減額診断(シュミレーター)って罠なのか?知恵袋等での口コミ
・借金減額診断(シュミレーター)利用のメリット・デメリット

借金の減額制度の仕組み・からくり

借金減額制度の仕組み一度借りたお金を合法的に減額できる制度が日本にはあります。法律的に全く違法にもならず借金を減らせる可能性があります。
 
それが「債務整理」です。聞いたことがある言葉かもしれませんが、簡単に説明すると「債務整理」をすることで、合法的に借金を減額、免除することができます。借金に苦しんでいる人を救済するために導入された国が認めた制度です。
 
借金で苦しんでいる方であれば、もちろんデメリットもありますが、今すぐ債務整理の専門家である弁護士や司法書士に相談するのが良いです。

借金減額ができる債務整理とは?借金減額はどれくらいの金額できる?

借金減額ができる債務整理の説明債務整理にも種類があり、苦しんでいる方の状況に応じて3つの制度が認められています。

・任意整理
・個人再生
・自己破産

この3種類のうちどの方法を選ぶかによってどれくらいの減額ができるかが変わってきます。それぞれ詳しく見てみましょう。

①任意整理とは

任意整理任意整理は裁判所などの公的機関を通さずに、債権者と直接交渉し合意を得ることで借金の減額を図るため、交渉能力が必要になります。よって任意整理を行う際には、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。
 
任意整理を行うと、将来発生する利息のカット、遅延損害金の免除、過払い金請求など可能になり、元金のみを分割して支払う様になります。
 
3つある債務整理の中でも裁判所を介さない一番手軽な方法ですが、任意整理では原則として借金元金自体を減らすことはできない(制限利息を超える高い利息を払っていた場合は別)ので、借金返済能力・返済意思がある人でないと選択できない方法です。
 
全額返済が難しい場合は、下記で記述する個人再生や自己破産の方法をとることになります。任意整理のより詳しい解説は、弁護士監修の記事を参考にして下さい。

みつばグループの借金減額診断をやってみる!

②個人再生とは

個人再生個人再生は、債務者に返済不能のおそれがあることを裁判所に申立てることによって、債務を減額してもらう方法です。
 
借金が債務額に応じて5分の1~10分の1程度に減額になることもあり、任意整理と比べると大幅に借金を減額することが出来ることや、住宅ローン特則という制度があり住宅ローンで購入した自宅を守れることが特徴です。
 
減額された借金をおおむね3年かけて支払うことで、残りの借金については、支払義務がなくなります。
 
任意整理では支払えないような多額の借金を抱えている人や、持ち家など処分したくない財産がある人は個人再生を選択する様になります。

借金減額できるおすすめの弁護士・司法書士3選+1事務所!

③自己破産とは

自己破産自己破産とは、借金の返済ができなくなってしまったときに、裁判所に申立てをして「免責許可」をもらい、借金の返済を全額免除してもらう方法です。
 
自己破産後は未払いの税金などを除き、借金を返済する必要がなくなります。
 
ただし、債務者は保有している資産を清算しなければならず、基本的に住宅や自動車なども処分されて債権者への返済に充てられてしまいます。
 
原則20万円以上の財産を手元に残すことはできないので、自己破産手続きをする際は、慎重に検討する必要がありますが、完全に返済できない状況なら借金が完全に免除されるのは大きなメリットになります。

 
みつばグループの借金減額診断をやってみる!

【借金減額・債務整理に強い】おすすめ弁護士・司法書士

借金減額に強い弁護士・司法書士債務整理を依頼するのに、当サイトが特におすすめする弁護士・司法書士事務所は、次の3事務所です。また、借金減額診断シュミレーターをしたい方には、司法書士法人みつばグループで借金減額診断ができます。

債務整理に強い弁護士・司法書士3選早見表

No.1No.2No.3
はたの はたの法務事務所 相談 アース アース法律事務所 相談 ひばり ひばり法律事務所 相談
司法書士弁護士弁護士
全国対応 全国対応 全国対応
おすすめポイント

★料金体系が最安値クラス
 
平日21時半、土日祝日21時まで相談可
 
着手金無料の司法書士!

おすすめポイント

★料金体系は弁護士業界最安値クラス
 
★元裁判官が代表。「プロ中のプロ
 
★平日18時、土日祝日も18時まで相談可

おすすめポイント

★料金体系は弁護士業界最安値クラス!
 
解決実績1万件!実績と経験に強み!
 
★フリーダイヤルですぐに借金相談可!

実績
司法書士歴40年
実績
弁護士歴29年
実績
弁護士歴25年
料金体系

●借金相談無料
●任意整理着手金 0円
●任意整理報酬 22,000円〜/1社
●個人再生報酬 385,000円〜
●自己破産報酬 330,000円〜

料金体系

●借金相談無料
●任意整理着手金 22,000円/1社
●任意整理報酬 22,000円/1社
●個人再生着手金 330,000円〜
●自己破産着手金 330,000円〜

料金体系

●借金相談無料
●任意整理着手金 22,000円/1社
●任意整理報酬 22,000円/1社
●個人再生着手金 330,000円〜
●自己破産着手金 220,000円〜

まとめ

●とにかく料金を安くしたい方向き
 
●破産ではなく、任意整理で解決したい方向け!

まとめ

●弁護士の中で料金が安いところがいい方向け

まとめ

●弁護士の中で料金が安いところがいい方向け

公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

 

はたの法務事務所

はたの法務事務所借金減額をすべく債務整理をするなら、おすすめの1つは、はたの法務事務所です。
 
司法書士ですから、弁護士よりも取り扱える案件は少ないですが、1社あたりの借金が140万円を超えていなければ、司法書士で対応可能です。

おすすめポイント・相談無料
・着手金無料
・2回のインタビューで相談のしやすさ・人柄も確認済み
・費用をとにかく安くしたい方向け
住所 東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5F
代表者 幡野 博文
所属司法書士会/登録番号 東京司法書士会/東京 第1545号
代理認定番号 第401159号
弁護士or司法書士 司法書士事務所
対象地域 全国
任意整理の着手金 無料(0円)
女性専用窓口 あり
相談時間 ・メール:24時間365日無料相談
・電話:平日8:30〜21:30  土日祝8:30〜21:00

例えば、任意整理にかかる費用は、着手金といって最初にかかる費用が0円とかからない事務所ですので、弁護士よりも安くなると思われます。

任意整理 着手金:0円
基本報酬:22,000円〜/社
過払報酬:返還された金額の20%。10万円以下の場合は12.8%。
減額報酬:減額分の10%
過払い金 着手金:0円
基本報酬:0円
過払報酬:返還された金額の20%。10万円以下の場合は12.8%。
別途、解決報酬金として10,000円(税別)がかかります。
個人再生 基本報酬:30万円〜
その他費用:20万円〜
自己破産 基本報酬:25万円〜
その他費用:20万円〜

※料金は、状況によって異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

はたの法務事務所へ無料相談する

アース法律事務所

アース法律事務所裁判所を通した手続きが非常に得意で、債務整理解決実績も3,500件以上あり、債務整理の本などの監修を務めるなど知識・実績ともに豊富です。

おすすめポイント・初回相談無料
・任意整理の費用は弁護士業界最安値レベル
・2回のインタビュー・1分事務所紹介音声で相談のしやすさも確認済み
・司法書士より弁護士に依頼したい方向け
住所 東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
代表者 弁護士 河東 宗文
弁護士or司法書士 弁護士事務所
対象地域 全国
任意整理の着手金 22,000円/1社
Tel相談 0120-310-016
女性専用窓口 なし
相談時間 ・メール:24時間365日無料相談
・電話:平日9:00〜19:00  土日祝10:00〜19:00
強み 安心の元裁判官の弁護士で「プロ中のプロ!」

債務整理にかかる料金費用が、弁護士業界最安値レベルであると考えております。

任意整理 着手金 :22,000円/1社
解決報酬:22,000円/1社
減額報酬:減額分の11%
過払い金 過払報酬:返還された分の20%
個人再生(住宅ローン特則なし) 着手金33万円〜
個人再生(住宅ローン特則の場合) 着手金44万円〜
自己破産 着手金33万円〜
アース法律事務所へ無料相談する

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所債務整理の解決実績も豊富であるし、口コミや評判も上々です。

おすすめポイント・相談無料
・任意整理の費用は弁護士業界最安値レベル
・2回のインタビューと1分事務所紹介音声実施済みで安心感UP
・年間1500〜2000件もの借金問題の解決実績あり
住所 東京都墨田区江東橋4−22−4
第一東永ビル6階
代表者 弁護士 名村 泰三
弁護士or司法書士 弁護士事務所
所属弁護士会 東京弁護士会 20741号
対象地域 全国
任意整理の着手金 22,000円/1社
Tel相談 0120-601-067
相談時間 メール:24時間365日無料相談
電話:平日 10:00〜18:00
強み 個人再生、自己破産を得意とする弁護士法人

費用面も、アース法律事務所同様弁護士業界ではかなり安い部類に入ると思っております。

任意整理 着手金 :22,000円/1社
基本報酬:22,000円/1社
過払報酬:返還された分の22%
減額報酬:減額分の11%
その他費用:5,500円/1社
個人再生 着手金:33万円〜
基本報酬:22万円〜
その他費用:5,500円/1社
自己破産 着手金:22万円〜
基本報酬:22万円〜
その他費用:5,500円/1社
ひばり法律事務所へ無料相談する

みつばグループ

司法書士法人みつばみつばグループは、借金減額診断を使って最初の相談の機会を提供しています。
 
最初に電話やメールをしなくても、診断シミュレーションに回答するだけで、ある程度の情報が得られるので、その後、事務所から電話が来る際に話しやすいという特徴があります。

おすすめポイント・相談無料
・30秒で気軽に試せる借金の減額診断がワンクッションになっている
・インタビュー済みで安心
・相談実績24万件以上の実績
住所 東京都港区赤坂7-2-21
草月会館7階
代表者 宮城 誠
代理認定番号 第1229026号
弁護士or司法書士 司法書士事務所
所属司法書士会/登録番号 沖縄県司法書士会 第505号
対象地域 全国
任意整理の着手金 0円
相談時間 24時間365日自己診断シミレーション
強み 自己診断シミレーションで気軽に確認ができる

費用面も安い部類に入りますので安心できます。上記の事務所と費用の比較をしてみました。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

権限 相談料 着手金 報酬額

司法書士法人はたの法務事務所
司法書士

140万円以下

相談料無料

着手金0円

22,000円〜/1社

アース法律事務所
弁護士

制限なし

相談料無料

22,000円/1社

22,000円/1社

弁護士法人ひばり法律事務所
弁護士

制限なし

相談料無料

22,000円/1社

22,000円/1社

MITSUBA GROUP
司法書士

140万円以下

相談料無料

11,000円〜/1社

11,000円〜/1社
気軽に借金減額診断をやってみる!

 

借金減額シュミレーターってどんなもの?仕組みは?

借金減額シュミレーターとは?借金減額シミュレーターは、必要な情報を入力することで、借金減額できるかどうかを無料でシュミレーションしてくれます。運営している会社は、債務整理分野を得意としている弁護士事務所や司法書士事務所になります。
 
借金減額診断や借金減額シミュレーターの実態は、弁護士や司法書士が「債務整理できる人かどうか」を簡単に診断しているものになります。
 
例えば、引っ越しの料金を比較したい場合に、無料の見積りシミュレーションを行う人も多いと思いますが、それは引っ越し業者が新規顧客を獲得するために行なっています。それと同じように借金減額シミュレーターは、弁護士事務所や司法書士事務所が新規顧客を獲得するために行なっているものなのです。
 
特に借金相談はハードルが高く、以下のような悩みを抱えている方も多いと思います。

  • 借金抱えていて悩んでいるけれど、他人は言いにくく一人で悩んでしまっている
  • いきなり弁護士事務所に行って相談するのは緊張する
  • そもそも、自分の借金が減ることはあるのか

 
このような方も借金減額シミュレーターを利用することによって、パソコンやスマホでどこからでも気軽に借金診断・相談できます。シュミレーターを利用することで、借金が減額できるおおよその目安が分かりますし、診断結果によっては相談してみようというきっかけにもなります。
 
借金をしている人が債務整理によって借金が減額すれば、毎月の生活が楽になりますし、弁護士や司法書士は債務整理の手続きを代行すれば、報酬が得られますので双方にメリットがあります。
 
このように債務整理、借金相談の足掛かりとして気軽に行えるツールが借金減額シュミレーターなのです。

 

借金減額診断(シュミレーター)は怪しい!?どうなの?

借金減額診断は怪しい借金減額診断(シュミレーター)では、あなたの借金状況を診断するために、主に以下のような項目を聞かれます。より正確な診断結果を出すためにも、できるかぎり正確に答えましょう。

  • 借入先の数
  • 借入れている金額
  • 毎月の返済額
  • 借入れを開始した時期
  • 現在の返済状況
  • 過去の滞納状況

 
そして、借金減額シュミレーターを進めていくと、以下の様なあなたの個人情報を聞かれることがあります。
 

  • 名前(匿名OK)
  • お住まいの都道府県
  • メールアドレス
  • 電話番号

 
よく知らないサイトに個人情報を渡すのは、嫌だな、悪用されそうと感じる人も多いことかと思います。
 
また、ものの数分で終わる診断で大幅に借金が減額できる結果が出た場合、本当に?怪しい、と感じる方もいることでしょう。

個人情報は連絡するために必須

答えから言いますと、怪しむ必要はありません。
 
上記でも記述しましたが、借金減額シュミレーターを運営している会社は、債務整理分野を得意としている弁護士事務所や司法書士事務所になります。それらの事務所は法律に沿った方法で借金が減額できるかどうかを、借金減額シュミレーターを使って無料で診断しています
 
弁護士事務所も決してボランティアで行なっているわけではなく、新規顧客を獲得するために行なっています。
 
ですから、弁護士事務所側から連絡をとるためにも、メールアドレスや電話番号は必須となっているものが多いのです。
 
ただし、中には個人情報を抜き取るための、詐欺サイトも存在するので注意が必要です。心配な方は大手法律事務所が行なっている借金減額シュミレーターを利用すると安心です。また、サイトに公開されている「プライバシーポリシー」を確認すると良いでしょう。

借金減額サービスは罠か?知恵袋、5ch等での口コミは?

借金減額サービスや借金減額シミュレーターについて知恵袋や5ch、tiwitterなどで収集してまとめてみました。基本的に、SNSなどの口コミは良い話より悪い話が多い事は理解した上で、参考にして下さい。

借金の支払額についてまとめておこう

*借金減額サービス利用する前に、聞かれる項目をまとめておくと良いでしょう。

早めにしておけば良かった

*借金問題で悩んでいるなら、早めに弁護士に相談しましょう。借金減額サービスはその第一歩になります。

個人情報を詳しく聞かれる

*名前は匿名OKで、住所は聞かれない借金減額サービスも多いです。詳細を教えたくない場合は、他社のサービスを探してみると良いでしょう。結果連絡のために、メールアドレスや電話番号は必須なところが多くなります。

親切な対応

*SNSなどで広告がよく出ているため、遊びで借金減額サービスを行う人も多い様ですが、基本的に電話がかかってくると思って下さい。対応は親切だった様です。

借金が減らない場合がある

*借金減額シミュレーターは債務整理ができるかどうかの診断になります。内容によっては借金が減額にならない可能性もあります。

怪しく見えるけれど、大丈夫

 
*本気で借金問題で悩んでいるなら、借金減額シミュレーターの利用がオススメです。自分の状態を専門家に判断にしてもらう良い機会です。

すぐ電話がくる

出典:5ch

 
*良くも悪くもシミュレーターを行うと連絡が来ます。早めに解決したい人には迅速な対応が嬉しいですよね。

借金減額診断のメリット

借金減額診断は、借金減額の可能性が手軽に分かる便利なツールです。無料で簡単に出来るので一見良い点しかなさそうですが、悪い点も存在します。
 
借金減額診断を利用する際には、メリットとデメリットの双方を理解したうえで行いましょう。まずは、メリット側を確認しましょう。

メリット①簡単に借金減額の目安が分かる

借金減額診断を利用する方の多くが「借金が減らせるかが簡単にわかるならやってみたい」ではないでしょうか?いくつかの項目に答えるだけで、借金の減額が可能かどうかが診断されるので、返済計画が立てやすくなります。
 
また、借金状況を入力し、診断結果を見ることによって、現時点の借金状況を整理することができます。借金を抱えていると、借金について考えたくない、と疲れ切ってしまっている方もいることでしょう。
 
そのような方にも、借金減額診断は自分の借金状況を見つめ直す良い機会になります。

メリット②借金減額診断をきっかけに専門家に話が聞ける

借金減額診断を利用すると、基本的に運営している弁護士事務所や司法書士事務所から連絡が来ます。
 
自分から連絡をして借金状況を説明するとなると、尻込みしてしまい中々連絡する決心がつかない方もいらっしゃるでしょう。
 
借金減額診断を利用すると、あなたの大まかな借金状況を分かった上で事務所側から連絡が来るので、専門家に相談するハードルが低くなります。

借金減額診断のデメリット

デメリット①診断結果が正確な数字とは限らない

借金減額診断の結果では、あなたの借金がどれぐらい減額できるかが簡単に分かります。しかし、あくまで簡易的なシミュレーターであるため、正確な数字とは限りません。
 
質問を入力する際に調べるのが面倒だからと大体の数字を入れてしまうと、もちろん結果も違ってきますので可能な限り正確に入力することをオススメします。
 
どれぐらい減額が可能か、正確な数値を知りたい人は、弁護士事務所や司法書士事務所で詳細を話した上で算出してもう必要があります。

デメリット②利用後に連絡が来ることがある

上記でも伝えていますが、借金減額診断は弁護士事務所や司法書士事務所が新規顧客を獲得するために行なっています。そのため、借金減額診断を利用した後に、運営しているの弁護士や司法書士事務所から連絡がくる可能性があります。
 
できる限り連絡が来るのを避けたいなら、質問欄や備考欄に「連絡は不要」「連絡はメールでお願いします」などの文言を入れておくと良いでしょう。ただし、それでも向こうも仕事なので、連絡が来てしまう可能性は高いです。

デメリット③詐欺サイトが存在する

借金減額診断は簡単に利用できますが、中には弁護士・司法書士事務所が運営しているサイトに見せかけた悪徳業者の運営サイトも存在します。
 
借金減額診断は大まかな借金状況を把握するためのものなので、基本的に簡易的で「無料」で行われています。ですので「有料」で行なっているサイトは特に怪しいのです。よほどの理由がない限り利用しない方が良いでしょう。
 
また、借金減額診断の多くのサイトが「名前は匿名OK」「住所は都道府県まで」になっています。連絡をするために電話番号やメールアドレスは必須のところが一般的なのですが、氏名と住所に関しては必須項目でない所が多いです。
 
必要以上の個人情報を記入せず、信用性が高い弁護士・司法書士事務所が運営するサイトを利用しましょう。

 

この記事の執筆者

債務整理相談ナビ編集部

本記事は債務整理相談ナビを運営する株式会社cielo azul編集部が企画・執筆・編集を行いました。

債務整理相談ナビ動画
                             
注目の特集(種類別)

都道府県別窓口
ご掲載希望事務所募集
応援しています!

「債務整理相談ナビ」を運営している株式会社cielo azulは、COVID-19対策北里プロジェクトを応援しています。

SSLサーバ証明書
             

このサイトはSecure Coreにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

                   
グリーンサイトライセンス
             
このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。

PAGE TOP