債務整理におすすめの弁護士ランキング10選
ランキング特集、都道府県別特集、法律基礎知識特集

おまとめローンとは?おまとめローンのデメリット・メリットを解説

おまとめローンとは?デメリット・メリットを解説

最終更新日 2023/3/7

 
借金の返済に困っている人にとって、複数社からの借り入れを1つの会社にまとめる事ができるおまとめローンは、非常に強い味方になってくれます。
 
しかし、おまとめローンのデメリットを把握しないまま申し込んでしまい、あとあとトラブルになるケースがよくあります。
 
おまとめローンで、必ずしもすべてのローンをまとめられるとは限りませんし、利用する前よりも金利が上がってしまい、返済総額が増えてしまう可能性もあります。
 
そのため、おまとめローンを利用する際は、事前にデメリットまでしっかり把握する事が、あとあとトラブルにならないために重要なことなのです。
 
本記事では、おまとめローンのメリットやデメリット、利用する際の注意点や各社のおまとめローンの特徴について、わかりやすく解説していきます。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは?おまとめローンとは、複数の金融機関や貸金業者からの借金を1つの会社にまとめることで、効率よく借金を返済していくことを目的としたローン契約になります。
 
カードローンやキャッシングサービスをいろいろな業者で利用していると、それぞれの借入先に対して返済が必要となり、利息もそれぞれかかってきます。
 
そのため、たとえ各業者からの借入額が少額であっても、合計の支払い金額が大きくなってしまう場合があります。
 
また、それぞれの借入先で返済日や返済方法が異なるため、いつ返済するのかわからなくなってしまったり、返済する金額を間違ってしまったりすることもあるでしょう。
 
この点、おまとめローンを利用すれば、借入先を1つの会社にまとめる事ができるので、返済日や返済方法の管理に困ることは無くなります。
 
また、支払いを一つの会社にまとめることで、金利負担が減り、毎月の支払い負担が軽減される可能性があります。

おまとめローンには審査がある 審査は厳しい、甘い?

おまとめローンの利用にあたっては、通常のローン契約と同じように金融機関の審査があります。

おまとめローンの種類により審査内容は異なりますが、おおむね、以下のような審査がおこなわれることになります。

おまとめローンの審査内容

①基本情報
・年齢
・居住地など
 
②返済能力
・年収
・雇用形態(正社員、パート・アルバイト)
・勤務先
・勤続年数など
 
③生活状況
・住居形態(賃貸、持ち家)
・家族構成など
 
④信用情報
・借入件数
・借入総額
・返済状況
・遅延・滞納状況
・金融事故の有無(自己破産や任意整理など)
など

 
これらのさまざまな情報を総合しておまとめローンを利用できるかどうかが決まることになります。
 
自己破産を検討した方がいいくらい借入先や借入総額が多い場合には、おまとめローンの審査に通らないこともあり得ます。
 
ほかにも、過去に何度も返済を遅滞して、何回連絡してもまったく返信が来なかった場合や、仕事の都合で定期的な収入がない場合、高齢すぎて今後の返済の見通しが立たない場合には、審査に悪影響を与える可能性があります。
 
もしも不安であれば、必要に応じて信用情報機関に登録されているご自身の信用情報を確認するとよいでしょう。

複数ある借入先への返済方法で注意点

おまとめローンは、借入先をひとつにまとめることで返済をしやすくすることを目的としているため、複数社からの借金は、基本的におまとめローンの利用先から既存の借入先に直接返済される方法が取られています。
 
振り込む際には、ローン会社の名前ではなく、借り入れている本人の名義で返済するため、本人が返済したことになるのです。
 
しかし、会社によっては、おまとめローン利用者の口座にお金が直接振り込まれるケースもあり、その場合には、振り込まれた金額を自分で借入先に返済する手間がかかることになります。
 
また、手元にお金が振り込まれたことでそのお金を使い込んでしまい、おまとめローンが利用できないだけでなく、さらに借金が増えてしまう可能性もあります。
 
利用する際には、どういう方法で既存の借入先に返済するのか、事前に確認しておくとよいでしょう。

おまとめローンのデメリット

おまとめローン デメリットここからは、おまとめローンのメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。
 
おまとめローンのメリットとデメリットを正しく理解することで、返済の負担を減らし、効率良く借金を完済することができます。

おまとめローンをすると追加の借り入れができない

おまとめローンの大きなデメリットのひとつに、追加でローン契約をしたり、あらたにほかの業者から借金をすることができない点が挙げられます。
 
通常、キャッシングやカードローン契約をする際には、あらかじめ利用できる金額の枠が設定されていて、その枠内で自由に借入や返済を繰り返すことができますが、おまとめローンの場合、原則返済することしかできません。
 
これは、おまとめローンが利用者の確実な返済を目的とするものであることに由来します。
 
また、おまとめローンは、返済総額や毎月の返済額、担保などの条件がおまとめ前よりも楽になることから、消費者の借入額を制限する制度である「総量規制」の対象外となっています。

総量規制とは、過度な借入れから消費者を守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されていることを指します。
【参考情報】総量規制とは?|日本貸金業協会

しかし、もしおまとめローン利用後に追加で借り入れをできるようにしてしまうと、おまとめ前よりも返済が楽になるとはいえないことから、総量規制にかかってしまいます。
 
そのため、総量規制の観点からも、消費者金融が取う扱うおまとめローンのほとんどが、融資後は返済のみの取扱いになっているのです。
 
急な出費が必要になる場合など生活状況に応じて借入したいという方にとっては、おまとめローンで追加融資を受けられないのは大きなデメリットになるでしょう。
 
もし、おまとめローン契約後に、隠れてほかの業者からお金を借りたことがバレてしまうと、おまとめローンを利用した業者から一括返済を求められるおそれがあります。
 
おまとめローン契約後、どうしてもお金が必要になってしまったときには、お金を借りる前にまずおまとめ先に相談するようにしてくだいさい。

金利が上がり、利息が増えてしまう可能性がある

おまとめローンのメリットは、現在借り入れのある業者よりも金利の低い業者にローンをまとめて、利息の負担を軽減するところにあります。
 
そのため、当然もともと契約していたローンよりおまとめ後の会社の方が金利が高い場合には、利息の負担が増えてしまうことになります。
 
また、もしおまとめ後に毎月の返済額が下がったとしても、返済回数が伸びてしまった場合には、増えた回数分余計に利息をとられることになり、返済総額が上がってしまう可能性があります。
 
もちろん、毎月の返済負担を減らすことは、おまとめローンを利用する重要な目的のひとつですが、事前にシミュレーションをおこない、支払い総額はどちらの方が有利なのかをしっかり意識することが非常に重要になるのです。
 
なお、おまとめローンの利用で金利が上がってしまうケースの多くは、もともとの契約が金利の低い銀行カードローンの場合です。
 
もし銀行のカードローンを利用している場合には、ほかの借り入れの状況ともあわせて、本当に返済効率のよくなるおまとめローンを選択するようにしてください。

クレジットカードが使えなくなる可能性も

もしおまとめローンを利用する会社が、現在借金している会社との契約を解除することを条件としている場合、契約の解除とともに今まで使用していたクレジットカードは使用できなくなってしまうでしょう。
 
もちろん、契約を解除することまでは要求しない場合であれば、新たにキャッシングやローンを利用することはできないまでも、そのままクレジットカードを通常のショッピングで利用することができるでしょう。
 
おまとめローン後もクレジットカードを利用したい場合には、おまとめローンを利用するための利用条件を、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。
 
なお、おまとめローンを利用しても、デビットカードであれば継続して利用することが可能です。

おまとめローンを完済できなかった場合には債務整理をすることになるリスクも

おまとめローンの利用を検討する場合、さまざまなところから借金をしていて、ほかの金融機関からの借入が厳しい状況に陥っていることが多いかと思います。
 
もし、おまとめローンをしても返済が厳しい場合には、今後自分自身で完済することは難しいことが多く、場合によっては、任意整理自己破産などの債務整理等の法的手段を検討するしか、借金を完済する手立てが無くなってしまうかもしれません。
 
おまとめローンは1度利用してしまうと、今後の支払いプランを変更することが難しい性質を持っています。
 
そのため、返済が苦しいからといって安易におまとめローンを利用するのではなく、今後の返済プランについても事前にしっかり検討するようにしましょう。

多重債務者に戻ってしまうおそれがある

おまとめローンを利用すると、これまで借りていた業者の借金を完済することになり、完済した金融機関や貸金業者からの評価が上がります。
 
そのため、「今なら通常よりも優遇した低金利で融資させていただきます」など、新たな借り入れの勧誘があることも少なくありません。
 
おまとめローンを完済している場合であっても、返済計画を立てずに安易に誘いに乗ってしまうと、それまでと同じようにお金を借りすぎてしまうことにもなりかねません。
 
新たな借入の誘いには安易に乗らないようにして、まずは何よりもおまとめローンの返済を優先するようにしてください。

おまとめローンのデメリットの対処法

おまとめローンには、効率的に借金の返済をする事ができる側面もありますが、それと同時に追加の借り入れができなくなったり、場合によっては返済額が大きくなってしまったりと、見過ごせないデメリットも存在します。
 
しかし、おまとめローンを利用することにより生じるデメリットの多くは、事前に対処することが可能です。
 
★具体的な対処法は以下の通りです。

おまとめローンのデメリットの対処法
  1. 現在の金利や返済額、利息を確認し、事前にシミュレーションを慎重に行うことで、おまとめローンを利用することで返済額が下がるかを確認する
  2. おまとめローンで毎月の返済を少額にできる場合でも、もともとの契約よりも過度に返済額を下げすぎない
  3. おまとめローンを利用する場合、金利の低い銀行等が取扱う商品を優先的に検討する

おまとめローンを利用する場合にはこれらの対処法を常に頭に入れておくと、おまとめローンのデメリットを回避しやすくなります。
 
とくに一番重要なのは、おまとめローンのデメリットを理解し、現状の金利や利息などをおまとめローン利用後と比較したうえで、綿密な返済計画を立てることです。
 
金利や返済期間などのパターンを変えてさまざまな会社でシミュレーションをおこない、自分に合うおまとめローンを選ぶことが重要です。
 
くれぐれも、おまとめローンを利用することで逆に金利が上がってしまったり、返済回数を多くすることにより総返済額が上がってしまうことがないよう注意するようにしましょう。

おまとめローンのメリット

さまざまなデメリットがあるおまとめローンですが、利用前にしっかりデメリットを理解し、事前にシミュレーションをしっかりおこなっているのであれば、複数の借入をひとつの会社にまとめることができるおまとめローンは、借入が多く返済に困っている人にとって、メリットの多い商品となるでしょう。
 
ここからはおまとめローンのメリットをいくつかご紹介していきます。

金利を下げて、利息の負担を抑えることができる

通常、複数の業者から借り入れがある場合、それぞれの業者に対して利息を支払っているかと思います。
 
しかし、おまとめローンを利用して借入先をひとつにすれば、利息を支払う場所はひとつになるため、利息の負担を減らすことができます。
 
利息がどれくらいかかるかは、法律で定められています。

利息制限法
  1. 元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20%
  2. 元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%
  3. 元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%

このように、利息制限法では、借入の金額に応じて金利の上限が定められているため、複数の少額な借り入れで高い金利を取られるよりも、1つの高額な借入で低い金利を取られる方がお得になる仕組みになっているのです。
 
ここで、具体的な例を確認してみましょう。

5社で合計300万の借り入れをおまとめローンでひとつの業者にまとめた場合

5社それぞれ60万づつ おまとめローン1社で300万
上限金利 各社それぞれ年18% 年15%
返済回数 36回 36回
毎月の返済額 108,455円 103,955円
利息合計 904,380円 742,380円
差額
162,000円

※アコムのシミュレーション結果になります
 
表を見ればわかる通り、おまとめローンをするだけで利息が約16万円も減額されることになります。
 
さらに、通常おまとめローンでは、上限金利が13%前後で設定されていることが多く、上記の計算よりもさらに利息が減る計算になるでしょう。
 
このように、借入先をひとつにまとめれば、利息を大幅に減らすことも可能になるのです。

返済時の手間を軽減し、効率良く返済することができる

利息が減ることだけでなく、返済先がひとつになることで、返済管理が楽になることもおまとめローンの大きなメリットのひとつです。
 
複数の業者から借金をしている場合、それぞれ返済日や返済額が異なるため、返済の管理が非常に大変です。
 
うっかり返済を忘れてしまう事や、返済額を間違えてしまう事もあるでしょうし、自分の残りの借金がいくらなのかもわからなくなってしまうこともあるでしょう。
 
おまとめローンを利用して借入先を1つにまとめれば、返済管理が非常に楽になり、今後の返済計画も立てやすくなるでしょう。

ブラックリスト入りを回避できる

借金の返済に苦しんでいる方であれば、任意整理個人再生自己破産などの債務整理手続きを考えたことがある人も多いと思います。
 
しかし、債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、生活のさまざまな面に影響が出てしまうことになります。

そのため、「本当は債務整理したいけど、ブラックリストに載ってしまうのだけは避けたい」と考える方であれば、おまとめローンはおすすめの借金の返済管理方法になります。
 
ここで、おまとめローンは完済を目的としたローンになるため、今まで借りていた業者への借金は完済する事になります。
 
そのため、もともとの借入先で滞納期間が長く、すでにブラックリストに載ってしまっている場合を除き、それらの業者経由でのブラックリスト入りを回避する事ができます。
 
もちろん、おまとめローンをした後に返済を滞納すればブラックリストに掲載されてしまう可能性が高まりますが、今までよりも返済先が減り返済管理が楽になる分、ブラックリストに載ってしまうリスクも減るといえるでしょう。

多重債務から抜け出して心に余裕が生まれることで私生活にもいい影響を与えることができる

おまとめローンを利用すると、それまで借りていた業者の借金をすべて完済し、1つの会社に対してだけ返済することになります。
 
さまざまな業者から借入れしていると、完済の目処が立たず、返済管理も大変なことから、精神的に参ってしまうこともあるでしょう。
 
しかし、借金をまとめればひとつの業者に対する返済だけ考えればよくなるため、返済管理も楽になり、心に余裕が生まれます。
 
また、おまとめローンであれば、借入先をまとめることにより完済までの目処が立ちやすくなるため、生活を立て直しやすくなります。
 
いろいろな会社から借金をしていると、毎月何度かくる返済日を乗り越えることだけで精一杯で、払っても払っても利息が減らず、いつ終わるかもわからない借金生活に疲弊している人も多いでしょう。
 
おまとめローンを利用する事で、先の見えない借金生活から抜け出す事ができるので、精神的に辛い状況が続いている場合には、おまとめローンをぜひ検討してみてください。

おまとめローンの注意点

おまとめローンを理由する際にはいくつか注意点があります。
 
ここからは、おまとめローンの注意点を解説していきます。

すべての金融業者でおまとめローンをできるわけではない

おまとめローンは、すべての金融機関でできるわけではなく、契約の時点で、ローンのおまとめを目的とした利用であればお断りと明言している業者もあります。
 
おまとめローンを検討している場合、おまとめローン専用の商品を提供している金融機関を事前に調べておくようにしましょう。

おまとめローンの審査は通常ローンの審査よりも厳しい

通常のローンと同じように、おまとめローンの申込にも審査があります。
 
おまとめローンは、過度な借入から消費者を守るために、年収の3分の1以上の借入をする事ができない総量規制の対象にはなりません。
 
しかし、だからといっておまとめローンの審査が簡単になるわけではなく、利用する金額が高く、金利が低くなればなるほど、ローンの審査は厳しくなる傾向にあります。
 
これは、利用金額が上がれば上がるほど、完済する可能性が低くなり、金利が下がれば下がるほど、業者が利益を得る事ができなくなるため、貸し倒れのリスクを避けるためにも、おまとめローンの利用者を厳格に判断することになるのです。
 
もしも、複数の業者に対する返済が厳しくなったとしても、今までの借り入れ状況等によってはおまとめローンを利用できない場合があることも、考慮に入れておくようにしましょう。

違法業者は絶対に利用しない

借金の返済に困っていると、「ブラックリストに載っていても借りられます」「即日入金可能です」など、甘い言葉で借金の勧誘をしてくる業者がたくさんいます。
 
このような業者のほとんどが違法な金融業者にあたり、もし誘いにのってお金を借りてしまうと、後日高額な利息を請求されたり、追加でお金を借りるよう迫られたりすることもあります。
 
このような、いわゆるヤミ金と呼ばれる業者にお金を借りてしまうと、返済を楽にして完済を目指すためのおまとめローンなのに、逆に今の状況が悪化してしまうことになります。
 
どんなに借金生活が苦しくても、違法な業者からは絶対に借り入れしないようにしてください。
 
なお、違法な業者かどうか判断できない場合には、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」で、貸金業者としての登録があるか確認してください。
 
このページに登録されていなければ、違法な業者であると判断してしまって問題ありません。
 
また、最近はソフト闇金とよばれる、対応が丁寧で、強引な取り立てをしない闇金も登場してきていますが、違法な金利で消費者にお金を貸し付ける闇金であることに変わりはありません。
 
通常闇金よりもお金を借りやすいからといって安易に利用しないようにしましょう。

主なおまとめローン

最後に、銀行や消費者金融がおこなっているおまとめローンの特徴をご紹介します。
 
それぞれの特徴を知ることで、自分に合うローン会社を選択する事ができるでしょう。

銀行系、ろうきんの特徴

銀行系・ろうきん系のローン会社一例
  1. みずほ銀行「カードローン」
  2. 東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」
  3. 三井住友カード「カードローン」
  4. 横浜銀行「横浜銀行カードローン」
  5. 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  6. auじぶん銀行カードローン「借り換えコース」
  7. セブン銀行 「カードローン」
  8. イオン銀行「アシストプラン」
  9. 楽天銀行「スーパーローン」
  10. 中央ろうきん「フリーローン」
  11. りそな銀行「りそなプレミアムフリーローン」
  12. 全国13店舗あるろうきん「おまとめローン」

銀行やろうきん系おまとめローンの一番の特徴はその金利の低さにあります。
 
1.5%〜15.0%程度で金利が設定されていることが多く、消費者金融よりも低く設定されている傾向にあります。
 
しかし、金利が低い分審査は厳しい銀行が多く、消費者金融よりも慎重に利用者を吟味することが多いです。
 
借り入れ可能額は500万から最大で1,000万円程度であることが多く、最短で翌日には審査結果が分かる銀行もあります。
 
ほかにも、銀行によってはATM手数料無料などのサービスを受けられることもあるため、銀行、ろうきん系のおまとめローンは、低金利のおまとめローンを利用したい」「ATM手数料を抑えたい」といった方におすすめです。

消費者金融系の特徴

消費者金融系のローン会社一例
プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビット
レイク

消費者金融おまとめローンの特徴は、最短即日に審査が終了するため、お金が入るまでのスピードが早いことです。
 
金利は3.0%〜18.0%程度で設定されていることが多く、若干銀行よりも高い傾向にあります。
 
ただし、審査は銀行系よりも緩やかに審査されることが多く、柔軟におこなわれる傾向にあります。
 
すぐに審査結果が分かり、その日中に融資を受けられるため、「とにかく早くおまとめローンを利用したい」という方におすすめなのが、消費者金融系のローン会社の特徴になります。
 
また、申し込みから契約まですべてネット等で対応してくれる会社が多く、来店不要で利用できるところも魅力のひとつでしょう。

まとめ

まとめ
  1. おまとめローンを利用する際には、デメリットまでしっかり理解しましょう
  2. デメリットの対処法もしっかり実践する
  3. 銀行・ろうきん系か消費者金融系、特徴を比べて自分に合う方を選択するようにしましょう

この記事では、おまとめローンのメリットやデメリット、注意点などについて解説してきました。
 
おまとめローンを利用し返済を一本化することで、返済日や返済口座などの管理が楽になり、計画的に完済することが可能になります。
 
金利の低い銀行系のおまとめローンであれば、毎月の返済額や総返済額を下げることも可能です。
 
おまとめローンを検討している方は、デメリットもしっかり理解したうえで、計画的に利用するようにしましょう。

この記事の執筆者

債務整理相談ナビ編集部

本記事は債務整理相談ナビを運営する株式会社cielo azul編集部が企画・執筆・編集を行いました。

PAGE TOP