債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理おすすめ20選!専門家厳選の外せない借金相談事務所をご紹介

借金返済方法・債務整理の最適な選び方って?自分に合う方法とは?

借金返済方法・債務整理の最適な選び方とは?
 

最終更新日 2021/02/22
企画・執筆・編集者:債務整理相談ナビ 編集部

 

1.借金返済方法・債務整理の最適な選び方は?

借金の返済方法は、収入と借金の金額・状況によって決めるのがベストで、自分で返済することができれば最もデメリットがありません。
 
しかし、かなり借金返済で困り果てている場合、専門家に相談するのが最も早期に解決できる道といえます。
 
この記事では、支出を減らして借金を地道に減らす方法ではなく、地道に減らす方法では埒が明かない方向けに専門家に相談して債務整理で借金を効果的に減らす方法をお伝えしています。
 
弁護士や司法書士といった専門家に相談する前に、自分でどういった債務整理の方法が最適なのか事前チェックをしてみましょう!!

 

2.債務整理でまず考えるべき方法:まずは、任意整理でいけるか検討

まずは、任意整理ができるかを検討長い間借金を返済し続けている方の場合、過払金があり、引き直し計算をすると、借金が0近くになり、借金から解放されることもあります。支払いすぎの場合は、過払い金を取り戻すことも可能です。
 
また、借金が残っても、借金の総額が減ることで、月々の返済が楽になり、なんとか支払えるようになるのであれば、任意整理が最適かもしれません。
 
目安は、3年以内に借金が返済できるかどうかです。
 
3年以内で返済できる返済プランを専門家が債権者と話し、和解することができれば、任意整理は、裁判所を通す必要もありませんし、手続きの期間も短くなるので、最適の債務整理の方法になるかもしれません。
 

任意整理とは!?
任意整理のこれだけ知っておけばOK!

任意整理特集
任意整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所BST3

3.次に、個人再生を検討

次に、個人再生を検討引き直し計算をしても、まだ多額の借金が残る場合もあります。3年で分割しても、安定的に支払えない場合は、個人再生を検討します。
 
返済額は、個人再生の場合、引き直した後の借金の総額によって法律で決まります。
 
個人再生の場合は、まだ返済途中の住宅ローンがあったとしても、住宅を手放さずに手続きが進められますので、自宅を残したい方は個人再生がおすすめです

 

個人再生手続きのメリット・デメリットは?
住宅ローンが残っている方は、個人再生がbetter?

4.最後に、自己破産を検討

裁判所借金が多く、今の収入で返済しようとしても返済が困難な場合、自己破産を選択することになります。
 
免責が認められれば、借金は0になりますが、自分の資産も手放さなければなりません。免責については、こちらの記事を参考にしてください。

 

自己破産が認められない免責不許可事由とは?自己破産で失敗する例は?
自己破産が認められない免責不許可事由とは?自己破産で失敗する例は?

つまり、借金が0になっても、もし自分のマイホームや車などがある場合は、それも処分することになるので、各事務所でしっかりと相談をし、自分の考えもお話して、最適な方法を選びましょう
 

自己破産とは?
自己破産について知っておくべきことをすべて網羅

5.当サイトおすすめの債務整理で人気専門家ランキング

債務整理でおすすめの弁護士費用比較ランキング2021
債務整理の相談をするなら?解決実績十分の弁護士・司法書士に相談するのが解決の1番の早道です!

この記事の執筆者

債務整理相談ナビ編集部

本記事は債務整理相談ナビを運営する株式会社cielo azul編集部が企画・執筆・編集を行いました。

債務整理相談ナビ動画

                             

注目の特集(種類別)


都道府県別窓口

ご掲載希望事務所募集

応援しています!

「債務整理相談ナビ」を運営している株式会社cielo azulは、COVID-19対策北里プロジェクトを応援しています。

SSLサーバ証明書

このサイトはSecure Coreにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

PAGE TOP