債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理おすすめ20選!専門家厳選の外せない借金相談事務所をご紹介

借金返済方法の最適な選び方って?

借金返済方法の最適な選び方は?

債務整理最適な方法
収入と借金の金額・状況によって決めるのがベストで、自分で返済することができれば最も金銭的にはダメージがありません。
 
しかし、かなり借金返済で困り果てている場合、専門家に相談するのが最も早期に解決できる道といえます。
 
なぜなら、人に話すことにより、精神的に楽になること、また人に話すことで自分の収支の状況を把握でき、より現状認識がわかるようになるからです。
 
弁護士などの専門家に相談する前に、自分でどういった方法が最適なのか事前チェックをしてみましょう!!

まずは、任意整理でいけるか検討

借金返済方法最適引き直し計算をすると、借金が0近くになり、借金から解放されることもあります。支払いすぎの場合は、過払い金を取り戻すことも可能です。
 
また、借金が残っても、借金の総額が減ることで、月々の返済が楽になり、なんとか支払えるようになるのであれば、任意整理が最適かもしれません。
 
目安は、3年以内に借金が返済できるかどうかです。可能であれば、任意整理は、裁判所を通すことがありませんので、手続きの期間も短くすみますし、最適かもしれません。
 
裁判所を通さないので、引き直し計算も自分でやり、それを根拠に債権者と交渉できれば、費用はかからないのですが、おすすめは、計算、交渉ともに債務整理の専門家にお願いすることです。
 
理由は、債権者との交渉が、債務者が行ってもなかなかうまくいかないからです。やはり、第3者に間に入ってもらうのが得策です
 

任意整理特集
任意整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所BST3

次に、個人再生を検討

引き直し計算をしても、まだ多額の借金が残る場合もあります。3年で分割しても、安定的に支払えない場合は、個人再生を検討します。
 
返済額は、個人再生の場合、引き直した後の借金の総額によって法律で決まります。
 
個人再生の場合は、まだ返済途中の住宅ローンがあったとしても、住宅を手放さずに手続きが進められますので、自宅を残したい方は個人再生がおすすめです
 

個人再生手続きのメリット・デメリットは?
住宅ローンが残っている方は、個人再生がbetter?

最後に、自己破産を検討

借金が多く、今の収入で返済しようとしても返済が困難な場合、自己破産を選択することになります。
 
免責が認められれば、借金は0になりますが、自分の資産も手放さなければなりません
 
つまり、借金が0になっても、もし自分のマイホームや車などがある場合は、それも処分することになるので、各事務所でしっかりと相談をし、自分の考えもお話して、最適な方法を選びましょう
 

自己破産とは?
自己破産について知っておくべきことをすべて網羅

関連記事(こんな記事も読まれています)

◆自己破産について知っておきたいこと◆
◆債務整理をすると家を失うのか?住宅ローンの影響は?◆
◆最新版2018年債務整理でのおすすめランキング◆
◆債務整理相談事例!専業主婦のあるある◆
◆妻や旦那にバレずに債務整理はできるの?◆
 

債務整理相談NAVIおすすめの事務所

はたの法務事務所が、費用面において最も良心的かつ債務整理の実績がある事務所です。

債務整理おすすめランキング一覧

注目の特集

PR(迷ったらこちら)

都道府県別窓口

債務整理の基本知識とQ&A

PAGE TOP