債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理おすすめ20選!専門家厳選の外せない借金相談事務所をご紹介

債務整理は家族にバレずにできる?実際にバレたパターンや内緒にするコツを解説

債務整理はしても家族にバレない?

最終更新日 2021/02/18

 

執筆者:福谷陽子(元弁護士)

 

この記事の執筆者福谷陽子(元弁護士)法律専門ライター 福谷陽子(元弁護士)
京都大学法学部卒。在学中に司法試験に合格し、2004年に弁護士登録。その後、弁護士として勤務し、2007年、陽花法律事務所を設立。女性の視点から丁寧で柔軟なきめ細かい対応を得意とし、離婚トラブル・交通事故・遺産相続・借金問題など様々な案件を経験。2013年、体調の関係で事務所を一旦閉鎖。現在は10年間の弁護士の経験を活かしライターとして活動。猫が大好きで、猫に関する記事の執筆も行っている。運営サイト:元弁護士・法律ライター福谷陽子のblog
————————————————
資格:司法試験合格、簿記2級


借金問題は、できれば家族には知られたくないですよね?旦那さんや奧さんに知られたら「離婚されるかも!」と心配している方もたくさんいらっしゃいます。
 
今回は債務整理したら家族に知られるのか、解説します。実際に家族に知られたパターン、家族に知られないコツも紹介するので債務整理を内緒にしたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.そもそも債務整理したら家族に知られるのか?

世間では「債務整理をしたら、絶対家族に知られるに違いない」と思い込んでいる方がたくさんいらっしゃいます。
 
しかしそれは誤解です。債務整理をしても、通常は家族に知られません。
 
債務整理に関与するのは借金した本人と債権者、依頼した弁護士や司法書士、裁判所だけだからです。家族は無関係であり、手続きに巻き込まれることはありません。
 
債権者と直接交渉する「任意整理」であれば、ほぼ家族に知られる心配はないでしょう。裁判所へ申立をする「自己破産」や「個人再生」でも、家族に秘密で完結できたケースがたくさんあります。
 
唯一心配なのは、家族が「保証人」になっている場合。個人再生や自己破産をすると、債権者は保証人に請求します。また保証人も債権者となるので、秘密で債務整理を進めるのは不可能となるでしょう。
 
一方、任意整理であれば家族が保証人になっていない負債のみを対象にすれば良いので、知られる危険は小さくなります。

 

2.家族に知られない債務整理の選び方

家族に知られない債務整理の選び方借金トラブルや債務整理を家族に知られたくない場合には「債務整理の選び方」がポイントになります。
 

2−1 任意整理はバレにくい

任意整理は、もっとも家族に秘密にしやすい債務整理の方法です。
 
特に弁護士や司法書士などの専門家に依頼したら、ほとんどバレる可能性はありません。必要書類もほとんどなく裁判所も利用せず、専門家と債権者で個別に交渉してもらうだけだからです。
 
1度事務所へ行って専門家に依頼したら、その後は自動的に借金を整理してもらえます。
 
家族に知られたくないなら任意整理がお勧めです。

 

任意整理とは!?
任意整理とは?任意整理のメリット・デメリットを知っておこう!

2−2 一番バレやすいのは自己破産

反対に一番バレやすいのは自己破産。
 
裁判所へ申し立てる必要があるのでたくさんの資料を集めなければなりません。ときには家族の預貯金通帳や保険証書などが必要になるケースもあります。裁判所へ1回から数回、行かねばならないので、家族に見とがめられるリスクも心配です。
 
また「官報公告」といって、政府の発行している「官報」に破産情報が掲載されます。全国誰でも官報を閲覧できるので、家族が目にする可能性も0とはいいきれません。
 
さらに一定以上の財産のある方の場合には、財産を没収されてしまいます。ある日突然家や車がなくなったら、家族もおかしいと思うでしょう。隠し通すのは困難となります。
 
自己破産するときには、家族に知られる危険を意識しなければなりません

 

自己破産とは!?
自己破産とは?自己破産のメリット・デメリットを知っておこう!

2−3 個人再生もバレる危険が高い

個人再生は、自己破産ほどではありませんがバレる可能性の高い手続きです。
 
まず自己破産と同様、裁判所への申立が必要なのでたくさんの書類を集めなければなりません。
 
個人再生の場合にも官報公告されるので、理屈上は誰に知られてもおかしくない状況になります。
 
ただ個人再生の場合、自己破産と違って裁判所へ行く必要はありません。
 
また財産がなくなることも通常はないので、いきなり家や預金がなくなって家族に迷惑をかける心配も小さいでしょう。
 
以上より、債務整理を家族に知られたくない方は、まずは任意整理を検討するようオススメします。債務整理を依頼するとき、専門家へ希望を伝えてみてください。

 

個人再生とは!?
個人再生とは?個人再生のメリット・デメリットを知っておこう!

3.家族に債務整理を知られるパターン

現実の債務整理の場面で家族に知られるパターンは、以下のとおりです。

3−1 督促書類を見られた

もっとも多いのは、債権者から督促が来てしまった場合です。
 
借金を放置していると、カード会社などから督促の書類が送られてきます。
 
そういった書類を自宅に保管していると、家族にみられてバレてしまいます。ゴミ箱に捨てたものを拾われてバレるケースも少なくありません。
 
また債務整理をしなくても、督促が来たらバレてしまう方が非常に多いので注意してください。
 
むしろ、早めに専門家に債務整理を依頼して督促を止めた方が、同居の家族には知られにくくなります。

3−2 家族が保証人になっている

家族が保証人になっているときに個人再生や自己破産をすると、必ず知られると考えましょう。債権者が家族へ一括請求するからです。
 
家族も支払えない場合には、一緒に債務整理するしかありません。
 
家族が保証人になっている負債を整理するなら、トラブルを避けるため債務整理をする前に自主的に家族に状況を伝えて対応策を検討しましょう。

3−3 財産がなくなった

自己破産をすると、生活に必要な最低限を超える財産が失われます。
 
個人再生をするときにも、「所有権留保(車の名義がローン会社になっている状態)」がついていれば車が失われてしまいます。
 
このように債務整理によって急に家の資産がなくなったら、家族が気づくでしょう。
 
財産がなくなるタイプの債務整理をするときには、専門家に相談をしてしっかり対策を練っておく必要があります。

3−4 家族の財産資料が必要になった

自己破産や個人再生をするとき、家族名義の預金通帳や家族の給与明細などが必要になるケースもあります。
 
そんなとき、うまく言い訳ができないと債務整理を勘づかれてしまうでしょう。
 
家族に通帳や給与明細をお願いするときには、怪しまれないようにうまく対応する必要があります。

3−5 裁判を起こされた

任意整理でも、家族に知られるパターンがあります。それは債権者から裁判を起こされるケース。
 
裁判をされると自宅に訴状が届くので、同居の家族にみられる可能性が高まります。
 
強硬な態度の債権者がいる場合には裁判に注意しなければなりません。専門家とよく相談をして対応を検討しましょう。

3−6 専門家や法テラスからの書類を見られた


せっかく家族に知られないために細心の注意を払っていても、依頼している弁護士や司法書士、法テラスなどからの郵便が届いて家族に債務整理を知られてしまうケースがあります。
 
専門家からの郵便物は自宅以外の場所に送ってもらったり、法律事務所(法務事務所)の名前の入っていない封筒を使ってもらったりして、怪しまれないようにしましょう。

4.家族に債務整理を知られない方法

4−1 早めに専門家に依頼する

家族に債務整理を知られたくないなら、とにかく早めに専門家に依頼しましょう。
 
弁護士や司法書士に債務整理を依頼したら、債権者からの督促がストップするからです。
 
郵便物をみられて借金を知られる危険がなくなるので、家族バレのリスクをグッと抑えられます。

4−2 債務整理の選び方に注意

債務整理の選び方にも注意が必要です。
 
特に一定以上の財産がある方が自己破産をすると、家族バレは避けがたいと考えましょう。任意整理がもっともバレにくい方法です。
 
ただしすべてのケースで任意整理できるとは限りません。専門家とよく相談をして、ベストな手続きを選択してください。

4−3 言い訳を考えておく

家族に財産や給与明細などの資料をお願いするときには、怪しまれないための言い訳を考えましょう。
 
もしくは保管場所を確認しておいて、家族がいないときにこっそりコピーをとる、などの対応も可能です。

4−4 郵便物に注意

債権者からの督促書、専門家や法テラスからの郵便、裁判所からの訴状を見られて家族に知られるパターンがあるので、郵便物の管理にはくれぐれも注意してください。
 

5.まとめ

現実に、債務整理を家族に知られず成功させている方はたくさんいます。任意整理だけではなく、自己破産や個人再生でも秘密で完了できるケースが少なくありません。
 
「家族に知られたら困る」そんな方でも心配しすぎる必要はありません。まずは早めに弁護士や司法書士へ債務整理の相談をしてみてください。

6.当サイトおすすめの債務整理で人気専門家ランキング

債務整理でおすすめの弁護士費用比較ランキング2021
債務整理の相談をするなら?解決実績十分の弁護士・司法書士に相談するのが解決の1番の早道です!

この記事の編集者

債務整理相談ナビ編集部

本記事は債務整理相談ナビを運営する株式会社cielo azul編集部が企画・編集を行いました。

債務整理相談ナビ動画

                             

注目の特集(種類別)


都道府県別窓口

ご掲載希望事務所募集

応援しています!

「債務整理相談ナビ」を運営している株式会社cielo azulは、COVID-19対策北里プロジェクトを応援しています。

SSLサーバ証明書

このサイトはSecure Coreにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

PAGE TOP