債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理おすすめ20選!専門家厳選の外せない借金相談事務所をご紹介

借金の保証人・連帯保証人に時効は成立するのか?

借金の保証人・連帯保証人に時効ってあるの?成立する?

最終更新日 2021/06/14

 

 

この記事の執筆者福谷陽子(元弁護士)法律専門ライター 福谷陽子(元弁護士)
京都大学法学部卒。在学中に司法試験に合格し、2004年に弁護士登録。その後、弁護士として勤務し、2007年、陽花法律事務所を設立。女性の視点から丁寧で柔軟なきめ細かい対応を得意とし、離婚トラブル・交通事故・遺産相続・借金問題など様々な案件を経験。2013年、体調の関係で事務所を一旦閉鎖。現在は10年間の弁護士の経験を活かしライターとして活動。猫が大好きで、猫に関する記事の執筆も行っている。運営サイト:元弁護士・法律ライター福谷陽子のblog
————————————————
資格:司法試験合格、簿記2級

1.借金の保証人に時効は成立するのか?

借金の保証人に時効は成立するのか?
保証債務にも時効があります。
 
消費者金融やカードローンなどの借り入れの場合、基本的には「最終支払日の翌日から5年」が経過したら時効が成立すると考えましょう(ただし最終支払日の翌日から10年になるケースもまれにあります)。
 
この「最終支払日」は債務者本人または連帯保証人の最終支払日です。連帯保証人が払っていなくても主債務者が払っている限り時効は成立しないので注意してください。
 
また時効が成立したら「援用」しなければ意味がありません。援用とは「時効の利益を受けます」という意思表示です。援用しなければ時効の効果が発生しません。自公演用については、こちらで詳しく解説しています。

なお最終支払日の翌日から5年が経過したとき、主債務者は時効を援用しなくても保証人が単独で時効を援用できます。
早めに内容証明郵便で債権者へ援用通知を送り、借金から免れましょう。

1−1 時効の更新に要注意

時効成立前に「支払います」と言ったり借金を一部払ったりしてはなりません。そのようなことをすると「債務承認」となり、時効が更新されてしまいます。そうなったらまた5年の数え直しになり、時効は成立しません。
 
連帯保証人が承認しなくても主債務者が承認したら時効が更新されるので要注意です。
 
また債権者が裁判を起こして判決が出た場合にも、時効が更新されます。知らない間に主債務者が裁判をされて支払い命令が出ている可能性もあるので、時効援用するときには慎重に対応しましょう。
 
わからないことがあったら、自己判断で動く前に弁護士に相談してみてください。

2.まとめ

保証人・連帯保証人の借金であろうと時効は存在します。しかし、時効を成立させるためには、時効援用という手続きが必要です。自分で行うこともできますが、時効援用は思わぬ失敗もあるので、一度弁護士や司法書士に相談してみることをおすすめします。
 

3.当サイトおすすめの債務整理で人気専門家ランキング

この記事の編集者

債務整理相談ナビ編集部

本記事は債務整理相談ナビを運営する株式会社cielo azul編集部が企画・編集を行いました。

債務整理相談ナビ動画

                             

注目の特集(種類別)


都道府県別窓口

ご掲載希望事務所募集

応援しています!

「債務整理相談ナビ」を運営している株式会社cielo azulは、COVID-19対策北里プロジェクトを応援しています。

SSLサーバ証明書

             

このサイトはSecure Coreにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

PAGE TOP