債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理おすすめ20選!専門家厳選の外せない借金相談事務所をご紹介

任意整理のメリットとデメリットをしっかり解説!これで任意整理がわかる!

任意整理 メリット最も利用されやすい債務整理の方法が任意整理です。弁護士等の専門家に相談したら、まずは任意整理で借金整理ができないかを考えます。なぜなら任意整理が最も相談者にとってもダメージが少ない債務整理の方法だからです。
 
この記事では、任意整理がなぜダメージが少ない債務整理の方法なのかも含めてメリット・デメリットを説明します。また、どういった人に向いているのかも説明します。

任意整理のメリット

任意整理 メリット

任意整理のメリット

  • ①手続きが簡単
  • ②貸金業者からの督促がすぐに止まる
  • ③財産を残せる
  • ④家族や仕事先に知られるリスクがほぼない
  • ⑤将来利息や遅延損害金を免除してもらえる

①手続きが簡単

任意整理は、裁判所など公的な場を利用することがない貸金業者との私的な交渉なため、法律に定められたルールがあるわけではありません。
 
そのため、もちろん裁判所に行く必要もありませんし、必要書類が少なく、弁護士等専門家に支払う費用も少なくなるケースが多いです。
 
貸金業者との交渉の中で、給与明細等の書類を求められることもありますが、多くの書類を必要となることはほとんどありませんし、常に求められる訳でもありません。
 
個人再生や自己破産といった他の債務整理の方法では、裁判所に提出する書類が数多くあり、これらと比較すると任意整理は非常に手続き面の煩雑さはないと言えます。
 
貸金業者との和解がうまく行かない場合、裁判の対応も必要になりますが、基本的に弁護士等専門家に任せておけば問題ありません。

②貸金業者からの督促がすぐに止まる

任意整理を検討するということは、既に支払いが滞っていて貸金業者から支払督促などの手紙、電話、直接の訪問などの督促を受けているのかもしれません。
 
このような督促は、精神的に非常に負担がかかりますね。
 
債務整理を弁護士等の専門家に依頼すれば、弁護士・司法書士から受任通知が送られ、貸金業者からの借主本人への直接の督促はできなくなりますので、精神安定上非常にホットできると思います。(貸金業法21条1項9号)

③財産を残せる

自己破産といった債務整理の方法の場合、破産者の財産を処分してお金に換え、債権者への返済に回し、その代わり残りの借金を0にしてもらう手続きのため、破産者は基本的に財産を残すことができません。
 
また、個人再生といった債務整理の方法の場合も、自宅のローンは債務整理の対象外にすることが例外的に認められますが、その他の担保がついている財産は、すべてなくなってしまいます。
 
任意整理は、やり方次第で財産を残すことができます。なぜかというと、任意整理は、私的な手続きなため、「この借金は整理するけど、こっちの借金は整理しないでそのまま借金を返済し続ける」という選択ができるからです。
 
同様の理由で、保証人がついている借金(保証人がついた奨学金借入れ)も、任意整理の対象から外せば、貸金業者から保証人に請求が行ってしまうことも防ぐことができます。

④家族や仕事先に知られるリスクがほぼない

まず第一に自己破産や個人再生の場合には避けられない官報への掲載が、任意整理にはありませんので、官報から他人に知られることはありません。
 
次に、任意整理では書類の提出が義務付けられていないので、書類作成の過程で家族や仕事先に手続きが知られることはありません。
 
自己破産や個人再生は、裁判所に提出する書類に、家計の収支や仕事先からの退職金の金額などを記載するため、家族や仕事先に協力を得なければならないこともあります。ですから、知られてしまう可能性はあります。
 
最後に、先程も記載しましたが、自己破産や個人再生は、原則として債務整理をする債権者を選ぶことはできませんので、例えば仕事先からお金を借りている、親族からお金を借りている場合、それらの借金も手続きの対象となるため、知られてしまいます。
 
しかし、任意整理の場合、任意整理をする対象を選べますので、知られたくない債権者を対象から外すことで、知られることを避けることができます。

⑤将来利息や遅延損害金を免除してもらえる

自己破産や個人再生でも、将来利息や遅延損害金は免除されますが、免除してもらうために裁判所を通す手続きが必要なため、人に知られてしまったり等デメリットも大きいです。
 
しかし、任意整理では、弁護士等の専門家が示談の中で、煩雑な手続きをしなくても、将来利息や遅延損害金を免除してもらえるよう交渉してくれるので、デメリットが小さい割にメリットが大きいという特徴があります。

任意整理で人気の弁護士・司法書士一覧
任意整理ジャンルで人気のあるおすすめの弁護士や司法書士の一覧です。すべて相談料無料の良心的かつ任意整理の実績のある事務所なので安心です!

任意整理のデメリット

任意整理 デメリット

任意整理のデメリット

  • ①信用情報機関に一定期間、事故情報が登録される
  • ②和解したあとで自助努力で返済していかなければならない
  • ③借金に担保や保証人がついている場合、担保実行、保証人への請求リスクがある
  • ④裁判を起こされる可能性がある

①信用情報機関に一定期間、事故情報が登録される

任意整理をすると、「信用情報機関」に登録されます。俗に、ブラックリストと言われています。支払い能力に疑念があるということで、他の金融機関などとも共有されるのが信用情報です。
 
クレジットやローンなどの契約内容、返済状況等に関する情報を管理している会社(信用情報機関)があり、これらの機関が信用情報を管理しています。
 

【信用情報機関とは?】
株式会社日本信用情報機構(JICC)が最も有名な信用情報機関ですが、その役割をJICCのホームページから抜粋します。
 

金融機関等から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と金融機関等の健全な信用取引を支えています。
 
消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。
 
この確認を行うことで、会員会社は消費者の返済能力に応じた適切な信用供与が可能となり、過剰貸付などを未然に防ぐことができます。
 
また、消費者は、自身が築き上げてきた「信用」に基づいた信用供与を必要な時に迅速に受けることができます。
 
信用情報機関は、消費者信用市場の健全な発展を支える社会インフラとしての役割を担っています。

任意整理をすると、その事実が信用情報機関に登録されるので、今後数年間は、クレジットカードを作ることができなくなったり、新たに借り入れをすることはできなくなります
 
信用情報に登録される期間や内容は、法律で決まっているわけではなく、信用情報機関によって異なります。その期間は、概ね5年といわれていますが、もっと長いところも短いところもあるようです。
 
ちなみに、先程ご紹介したJICCは、返済内容等は契約継続中及び完済日から5年を超えない期間登録されるとホームページに記載されています。
 
とはいえ、任意整理をしないとしても借金の支払いが数回滞った時点で新余殃情報には掲載されてしまいますので、信用情報が傷つくという理由で任意整理をしないというのはもったいないのかもしれません。

②和解したあとで自助努力で返済していかなければならない

自己破産や個人再生と違って、債務総額を圧縮してもらったり、返済期間を長くしてもらうなどの和解交渉が成立した場合は、借金がチャラになるのではなく、和解で決まった返済額を毎月支払っていくことになります。
ですから、借金は0になりませんので、数年に渡りしっかりと返済する必要があります。

③借金に担保や保証人がついている場合、担保実行、保証人への請求リスクがある

担保付きの借金や保証人付きの借金がある場合、これらの借金について任意整理をしてしまうと、任意整理手続きをしたことで担保実行されたり、保証人に対して業者から請求が行ってしまったりするというデメリットがあります。
 
ただし、すでに記載したように、この担保や保証人付きの借金の場合は、任意整理の対象から外すことで、このデメリットを回避することができます。

④裁判を起こされる可能性がある

債権者によっては、任意整理をしようとすると、貸金返還請求訴訟という裁判起こしてくる金融業者があります。
 
裁判で負けてしまえば、給与等を差し押さえられてしまう可能性もあり、リスクがあります。
 
ただし、債務整理を数多く取り扱っている弁護士等であれば、どの債権者が裁判を起こすのか知っているので、裁判を起こしてきそうな債権者は任意整理の対象から外すことでこのデメリットを回避することができます。

ヤミ金対応可能な弁護士・司法書士一覧
ヤミ金対応をしてくれる弁護士・司法書士は少ないです。ヤミ金対応も可能な実績のある弁護士・司法書士の一覧です

任意整理はどんな人が向いているのか?

任意整理に向いている人

  • ①銀行系大手消費者金融業者からの借入れがメインの人
  • ②借入総額を36で割った金額を毎月返済していける人
  • ③ギャンブルや浪費などで借金を作ってしまった人

詳しくは、こちらに記載しています。

任意整理に向いている人って?
任意整理に向いている人はどんな人かがよくわかります!

債務整理でおすすめの法律事務所BEST3

債務整理 任意整理 相談  東京 大阪 よくわかる債務整理窓口TOP3比較表

No.1No.2No.3
はたのアース名村
司法書士弁護士弁護士
全国対応全国対応全国対応
おすすめポイント

★料金体系が弁護士・司法書士を通して最安値クラス

★フリーダイヤルで、平日、土日祝日ともに21時まで相談可!

代行弁済可能で、債権者と相談者の間に入ってくれるため非常に安心

着手金無料の司法書士事務所

おすすめポイント

★料金体系は弁護士業界最安値クラス

★フリーダイヤルで、平日9時〜18時、土日祝日も10時〜18時まで相談可能!

★代表弁護士は、元裁判官で「プロ中のプロ」で実績豊富!

 

おすすめポイント

★料金体系は弁護士の中で業界最安値クラス!

★個人再生や自己破産に強みがある弁護士事務所!

電話(フリーダイヤル)ですぐに相談可能!

実績

司法書士歴35年

実績

弁護士歴29年

実績

弁護士歴25年

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金0円
●任意整理報酬 2万円〜/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬20万円〜
●自己破産着手金25万円〜
●自己破産基本報酬20万円〜

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金2万円/1社
●任意整理報酬 2万円/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬30万円前後
●自己破産着手金30万円〜
●自己破産基本報酬20万円前後

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金2万円/1社
●任意整理報酬 2万円〜/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬20万円〜
●自己破産着手金25万円〜
●自己破産基本報酬20万円〜

 

まとめ

●とにかく料金を安くしたい方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●代行弁済で債権者との間にはたの法務事務所が入ってくれるので、管理面・精神面で非常に安心!

まとめ

●業務範囲に法律上の制約がない弁護士の方が安心という方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●1社の借り入れが140万円を超えている方向き

まとめ

弁護士の方が安心という方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●1社の借り入れが140万円を超えている方向き

公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
債務整理おすすめランキング一覧

注目の特集

PR(迷ったらこちら)

都道府県別窓口

債務整理の基本知識とQ&A

PAGE TOP