債務整理におすすめの弁護士ランキング19選
ランキング特集、都道府県別特集、法律基礎知識特集

リボ払いはやばい理由は?リボ地獄でデメリットしかない仕組み!

リボ払いがヤバい3つの理由!借金地獄?借金漬け?終わらない!?

最終更新日 2022/9/13

 

この記事の監修者広島メープル法律事務所 川崎 智宏弁護士 川崎 智宏
弁護士法人広島メープル法律事務所所属。スマホ版HPPC版HP
広島大学法学部卒。企業法務、債務整理、相続問題、離婚、交通事故等様々な案件を担当。依頼者の気持ちに寄り添い、問題解決にむけ粘り強く取り組む。
この記事の執筆者福谷陽子(元弁護士)福谷陽子(元弁護士)
京都大学法学部卒。2007年、陽花法律事務所を設立。女性の視点から丁寧で柔軟なきめ細かい対応を得意とし、現在は10年間の弁護士の経験を活かしライターとして活動。

・リボ払いにしていると、毎月の返済額が上がらないから楽だと思っている
・リボ払いを利用していたら、いつまでも返済が終わらないので焦ってきた
・リボ払いの返済予定を計算してみたら、思った以上に長くかかるとわかってショックを受けた
 
確かにリボ払いを利用すると、毎月の支払額は少ないままでどんどんショッピングやキャッシングできてしまいます。カード会社もリボ払いを推奨するので、ついつい借り増しを重ねてしまうケースも少なくありません。
 
しかしリボ払いは返済を先延ばしにするだけの支払方法であり、利用すればするほど借入額を増やしてしまうので、注意が必要です。利息や手数料率も高額なので、返済期間が長くなると驚くほど高額な利息や手数料を払うことになってしまいます。
 
この記事は、「リボ払いとは何?」「リボ払いがヤバイ理由」と、「リボ地獄や多重債務に陥ってしまった場合の対処方法」をご説明します。今リボ払いを利用している方、これから利用しようか迷っている方は是非とも参考にしてみてください。

目次

リボ払いとは?わかりやすくリボ払いの仕組みを解説

リボ払いの仕組み「リボ払い(リボルビング払い)」とは何?どういった仕組みなのか正確にご存知でしょうか?

リボ払いとは?基本的な仕組み

リボ払いってどんなもの?

 
リボ払いとは、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング・ショッピングの「支払い方法」の一種です。
 
リボ払いの特徴は「利用額を増やしても、毎月の返済額は変わらない」点です。借り増しした分は月々の払いに上乗せせず、将来に繰り延べて返済していきます。

リボ払いを漫画で具体的にイメージ

リボ払いわかりやすいイメージたとえば10万円を借りてリボ払いを利用し、毎月1万円ずつ返済していく設定にしたら、当初返済予定回数は10回です。
 
ここでさらにリボ払いで10万円を借り増しすると、借入の総額は20万円となり、毎月の返済額は1万円のまま返済回数が20回に延びます。

リボ払いと分割払いの違いを漫画でイメージ

分割払いのイメージリボ払いと分割払いを混同される方もいるので、違いを説明します。
 
分割払いは、借金やショッピング利用分を複数回に分割して支払う方法ですが、毎月の支払金額は、借入額によって変動します。
 
たとえば10万円を借りて10回の分割払いとし、1万円ずつ返済していくことになったとします。このときさらに10万円を借り増しすると、10回払いなので毎月の支払金額が2万円に増えます。
 
返済期間は延びず、毎月の返済金額を増やすので、リボ払いより早期に返済することが可能です。

リボ払いの危険性、リスク!リボ払いは終わらない・払えない!?

リボ払いの場合、延々と借り増しを続けても毎月の返済回数は一定なので、利用者は負担を感じません。「いくらでもお金を借りられる、ショッピングができる」と思ってしまい、ついつい使いすぎてしまいます。
 
しかし実際には借金残高がどんどん増えて、将来に返済しなければならない負債額がどんどん大きくなっているのです。気がついたら到底返済できないくらいの金額に膨れあがっているケースも少なくありません。

元利定額方式と元金定額方式

リボ払いの仕組みには、元利定額方式と元金定額方式で違いがあるので押さえておきましょう。
 
元利定額方式は、一定の返済額の中から元金と利息(金利部分)を支払う方法です。たとえば毎月の支払額が1万円であればそれを元金と利息(金利分)に割り振って、元金8,000円、利息2,000円などとして充当します。
 
元利定額方式の場合、借金の残高が増えると利息部分が大きくなるので、1万円を払っても多くが利息支払いに消えてしまい、元金がなかなか減らなくなります。
 
たとえば1万円のうち9,000円が利息に消えてしまったら、毎月1万円を払っても1,000円しか元金が減らないので、いつ完済できるか目処が立ちにくくなります。クレジットカードのうち、エポスカードなどは元利定額方式のリボ払い方式です。
 
元金定額方式は、一定の返済額をすべて元金に充てて、利息は別途支払う方法です。たとえば毎月の返済額が1万円の場合、1万円は元金に充て、利息はそれに加算して支払います。毎月の総支払い額は変動し、借金残高が減少すると利息支払い額が減ってきます。
 
元金定額方式の場合、決まった額が必ず元金に充てられるので元利定額方式よりは借金残高を減らしやすくなっています。元金定額方式と元利定額方式を比べると、元利定額方式の危険度の方が高くなります。クレジットカードのうち、楽天カードは、こちらの方式です。
 
今、元利定額方式でリボ払いを利用している方は、毎月の支払がほとんど利息に消えている可能性もあり、注意が必要です。一度見直してみた方が良いでしょう。

 

リボ払いがやばい理由!リボ払いが怖い3つの理由!

リボ払いはなぜヤバイのか?     リボ払いが怖い3つの理由!ここからは「リボ払いがなぜヤバイのか」より詳しく説明していきます。

リボ払いがやばい3つの根本的理由
  1. リボ払いは借金なのに気軽に使えるから
  2. リボ払いは返済がいつまでも終わらないから
  3. リボ払いは返済総額が高額になるから

やばい理由1:リボ払いは借金(負債)の一種だから

一般に、「リボ払いは借金じゃないから大丈夫」と思われているケースがあります。しかしキャッシングやショッピングでリボ払いを使うと業者への支払い義務が発生します。
 
毎月の支払額が変わらなくても、単に支払いが将来に繰り延べられているだけで、借金と何ら変わりはありません。(正確にはショッピングの場合立替金なので借金とは取扱いが少し違いますが、実質的にほとんど同じです)
 
またリボ払いには高額な利息や手数料がかかります。カード会社や消費者金融にもよりますが、年利は15〜18%にもなり、一般のサラ金の借金と比べてもまったく低くはありません。
 
リボ払いは「借金の一種」であることがヤバい理由で、借金漬けになってしまう可能性がある第一の理由です。ここをまずは意識してください。

 

やばい理由2:リボ払いは返済がいつまでも終わらない

リボ払いがヤバイ2つ目の理由として「返済が終わらない」ことが挙げられます。
 
リボ払いを利用すると、毎月一定額を払えば良いので支払う側にとっては楽です。しかし借入金額が大きくなっても少額しか払わないなら、残高はほとんど減りません。
 
また、借入残高が大きいほど利息の支払いが大きくなるので元金に充てられるお金が減り、ますます残高が減らなくなります。
 
深く考えずにリボ払いを利用し続けていると、いつのまにか借金額が100万円以上になり、返済予定年数が10年以上になってしまうケースもあります。
 
このため、リボ払いを利用すると、返済がいつまでも終わらず、払えない、ヤバいと感じる大きな原因となります。以下は、リボ払いが払えないとどういう影響が出るかを詳しく解説した記事です。

やばい理由3:リボ払いは返済総額が高額になる いくらからヤバいの?

リボ払いがヤバイ3番目の理由として「返済総額が高額になる」問題があります。
 
リボ払いは、一般の分割払いよりも返済総額が高くなる返済方法です。なぜなら返済期間中、ずっと利息がかかり続けるからです。
 
利息は「現在の借金の残高に対する一定利率」で計算されるので、借金の残高が大きいほど高額になります。また完済までかかり続けるので、完済までの期間が長くなればなるほど総支払額が大きくなります。
 
分割払いよりもリボ払いの方が、返済期間が長くなる分、利息の総支払額が高額です。試しに、どれくらいの総額になるのか、実際の元金定額方式の楽天カード利用時の借入額と返済総額、元利定額方式のエポスカードのの借入額と返済総額を比較してみましょう。ヤバさが際立ちます!!

ケース1:楽天カードでのリボ払いで20万円を借りた場合の返済総額

ショッピングリボ払い返済シミュレーション結果

 
たとえば楽天カードのショッピングリボを利用した2つのケースについて、シミュレーションしてみましょう。
 
20万円を借りて元金定額方式で毎月1万円を返済する場合、20回払いで226,250円を支払うことになるので、支払手数料は26,250円です。この場合、手数料の金額は借入金額の13%程度です。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

支払い
リボ残高
返済
(元金分)
返済
(手数料)
返済合計
利用時
200,000円
1回目
190,000円
10,000円
2,500円
12,500円
2回目
180,000円
10,000円
2,375円
12,375円
3回目
170,000円
10,000円
2,250円
12,250円
4回目
160,000円
10,000円
2,125円
12,125円
5回目
150,000円
10,000円
2,000円
12,000円
6回目
140,000円
10,000円
1,875円
11,875円
7回目
130,000円
10,000円
1,750円
11,750円
8回目
120,000円
10,000円
1,625円
11,625円
9回目
110,000円
10,000円
1,500円
11,500円
10回目
100,000円
10,000円
1,375円
11,375円
11回目
90,000円
10,000円
1,250円
11,250円
12回目
80,000円
10,000円
1,125円
11,125円
13回目
70,000円
10,000円
1,000円
11,000円
14回目
60,000円
10,000円
875円
10,875円
15回目
50,000円
10,000円
750円
10,750円
16回目
40,000円
10,000円
625円
10,625円
17回目
30,000円
10,000円
500円
10,500円
18回目
20,000円
10,000円
375円
10,375円
19回目
10,000円
10,000円
250円
10,250円
20回目
0円
10,000円
250円
10,250円
合計
26,250円
226,250円

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

ケース2:楽天カードでのリボ払いで100万円を借りた場合の返済総額

ショッピングリボ払い返済シミュレーション結果

 
100万円を借りて元金定額方式で毎月1万円を返済しようとする場合、86回払いで支払い総額は1,483,155円となり、支払手数料は483,155円にもなります。100万円借りただけで1,483,155円も払わないといけないのです。
 
また、月の支払いの元金分も1万円ではなく、楽天カード会員規約の最低支払元金に則り、19,000円からスタートします。

 
◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

支払い
リボ残高
返済
(元金分)
返済
(手数料)
返済合計
利用時
1,000,000円
1回目
981,000円
19,000円
12,500円
31,500円
2回目
962,000円
19,000円
12,262円
31,262円
3回目
943,000円
19,000円
12,025円
31,025円
4回目
925,000円
18,000円
11,787円
29,787円
5回目
907,000円
18,000円
11,562円
29,562円
6回目
889,000円
18,000円
11,337円
29,337円
7回目
872,000円
17,000円
11,112円
28,112円
8回目
855,000円
17,000円
10,900円
27,900円
9回目
838,000円
17,000円
10,687円
27,687円
10回目
822,000円
16,000円
10,475円
26,475円
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
78回目
76,000円
10,000円
1,075円
11,075円
79回目
66,000円
10,000円
950円
10,950円
80回目
56,000円
10,000円
825円
10,825円
81回目
46,000円
10,000円
700円
10,700円
82回目
36,000円
10,000円
575円
10,575円
83回目
26,000円
10,000円
450円
10,450円
84回目
16,000円
10,000円
325円
10,325円
85回目
6,000円
10,000円
200円
10,200円
86回目
0円
6,000円
75円
6,075円
合計
483,155円
1,483,155円

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀
手数料額は借入額の48%以上に及び、非常に高額です。もちろん楽天カードは闇金ではなく、利息制限法違反ではありません。法的に148万円以上の支払い義務が発生してしまうのです。
 
以上のシミュレーションから、特に高額な借り入れをするとリボ払いが危険でヤバいことが明らかになります。借金地獄になると感じる人がいるのも頷けます。

 
リボ払いがいかに恐ろしいか、わかっていただけるでしょう。

ケース3:エポスカードでのリボ払いで20万円を借りた場合の返済総額

エポスカード リボ払いシミュレーション結果

 
元利定額方式のエポスカードの場合、支払額は毎月1万円と固定になります。そのため、元利定額方式の楽天カードよりもさらに返済期間(24回)が伸び、返済総額も増えます。
 
楽天カードでは、20回226,250円の支払いですが、エポスカードの場合、24回231,599円と5,349円返済額も増えます。

 
◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

支払い
リボ残高
返済
(元金分)
返済
(手数料)
返済額
利用時
200,000円
1回目
192,547円
7,453円
2,547円
10,000円
2回目
184,920円
7,627円
2,373円
10,000円
3回目
177,275円
7,645円
2,355円
10,000円
4回目
169,460円
7,815円
2,185円
10,000円
5回目
161,618円
7,842円
2,158円
10,000円
6回目
153,676円
7,942円
2,058円
10,000円
7回目
145,444円
8,232円
1,768円
10,000円
8回目
137,296円
8,148円
1,852円
10,000円
9回目
128,988円
8,308円
1,692円
10,000円
10回目
120,631円
8,357円
1,643円
10,000円
11回目
112,118円
8,513円
1,487円
10,000円
12回目
103,546円
8,572円
1,428円
10,000円
13回目
94,865円
8,681円
1,319円
10,000円
14回目
86,034円
8,831円
1,169円
10,000円
15回目
77,130円
8,904円
1,096円
10,000円
16回目
68,080円
9,050円
950円
10,000円
17回目
58,944円
9,136円
864円
10,000円
18回目
49,692円
9,252円
748円
10,000円
19回目
40,282円
9,410円
590円
10,000円
20回目
30,793円
9,489円
511円
10,000円
21回目
21,171円
9,622円
378円
10,000円
22回目
11,439円
9,732円
268円
10,000円
23回目
1,579円
9,860円
140円
10,000円
24回目
0円
1,579円
20円
1,599円
合計
31,599円
231,599円

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

ケース4:エポスカードでのリボ払いで100万円を借りた場合の返済総額

元利定額方式のエポスカードの場合、元金1万円ではリボ払いできません。元金2万円での返済からリボ払いができるため、楽天カードと同一の条件にはなりませんが、シミュレーションしてみました。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

支払い
リボ残高
返済
(元金分)
返済
(手数料)
返済合計
利用時
1,000,000円
1回目
992,739円
7,261円
12,239円
20,000円
2回目
984,978円
7,761円
12,262円
20,000円
3回目
977,526円
7,452円
12,548円
20,000円
4回目
969,577円
7,949円
12,051円
20,000円
5回目
961,929円
7,648円
12,352円
20,000円
6回目
954,183円
7,746円
12,254円
20,000円
7回目
945,162円
9,021円
10,979円
20,000円
8回目
937,203円
7,959円
12,041円
20,000円
9回目
928,757円
8,446円
11,554円
20,000円
10回目
920,589円
8,168円
11,832円
20,000円
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
71回目
150,710円
17,927円
2,073円
20,000円
72回目
132,624円
18,086円
1,914円
20,000円
73回目
114,308円
18,316円
1,684円
20,000円
74回目
95,713円
18,595円
1,405円
20,000円
75回目
76,929円
18,784円
1,216円
20,000円
76回目
57,874円
19,055円
945円
20,000円
77回目
38,610円
19,264円
736円
20,000円
78回目
19,101円
19,509円
491円
20,000円
79回目
0円
19,101円
219円
19,320円
合計
579,320円
1,579,320円

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀
 
見ていただければ分かる通り、元利定額方式は、支払い始めは、元金より手数料の方が多く支払っていて、なかなか元本自体の返済は進んでいません。
 
そのため、支払額2万円なのに、支払い回数79回1,579,320円と元利定額方式の楽天カードより多くの返済をしていることがわかります。

リボの方式 支払元金or支払額 支払い回数 支払い総額
楽天カード 元金定額方式 10,000円 86回 1,483,155円
エポスカード 元利定額方式 20,000円 79回 1,579,320円

比較してみるとよくわかりますが、元利定額方式は、支払い回数は少ないものの、総支払額は、96,165円も多い結果になっています。
 
ただ、元利定額であろうと、元金定額であろうと、リボ払いにするだけで手数料がかなりかかり、支払総額が多くなることがわかってもらえたかと思います。
 
リボ払いの支払いの設定額をいくらにするとヤバくて、いくらなら問題ないかは、完全にその個人の収入額、貯金額に依存します。また、月あたりの返済額を少額にできることがリボ払いのメリットであるため、支払い期間が非常に長くなりがちです。
 
そのため、まだ支払いが終わらない段階で次のリボ払いでの支払いが重なってくると、雪だるま式に手数料が膨れて、返済が不可能になってきます。
 
ですから、自分の収入と生活費を割り出し、これくらいまでの返済なら絶対に大丈夫という返済額を上回らないようにすることが最低限必要になってきます。

リボ払い専用カード、リボ払い設定に注意

ここまで読んで「リボ払いはヤバイから絶対利用しない」と考えた方にも注意して頂きたいことがあります。
 
それは「リボ専用カード」や「リボ払い設定」です。
 
クレジットカードの中には、リボ払いにしか対応していない「リボ専用カード」があります。通常のカードよりもポイント還元率が高かったり特典が多かったりするので、カード発行の際についついリボ専用カードを選択してしまう方がいます。
 
しかし「リボ専用カード」を使うと当然のようにすべての支払いがリボ払いとなり、高額な手数料を払わされてしまいます。還元されるポイントよりも支払手数料の方が高額なので、リボ専用カードを作るべきではありません。
 
似たようなリスクとして「リボ払い設定」があります。カードを発行したとき、多くのカードでは当初「一括払い設定」になっているものですが、カード会社によっては当初の標準設定が「リボ払い設定」になっているケースがあります。
 
その場合、設定を変えずにカードを使っていると、当然のようにリボ払いが適用されて高額な利息を払い続けることになってしまいます。
 
カードの発行を受けたら、標準でリボ払いが適用されていないか確認して、もしリボ払いになっていたら早急に一括払い設定に変更することをおすすめします。

リボ地獄に陥らないための事前の3つの対策方法

リボ地獄に陥らないための事前の3つの対策方法リボ地獄に陥らないためには、どういった対策をすれば良いのでしょうか?

リボ払いを選択しない

支払の際にそもそもリボ払いを選択しないのが一番確実な予防方法となります。普段のクレジットカード利用の際、リボ払いではなく「一括払い」か「分割払い」を選びます。
 
またポイントなどにつられてリボ専用カードを作ってはいけません。カードの返済設定についても「リボルビング払い」が適用されていないかきちんと確かめて、リボ払いに設定されていたらすぐに手動で一括払いに変更しましょう。

カードを使いすぎない

一般に、クレジットカードでは利用時にリボ払いを選択しなくても、後に返済が苦しいと感じたときにリボ払いに変更して適用できます。
 
せっかくリボ払いを利用しないよう注意していても、後からリボ払いに変更してしまっては意味がありません。このような事態に陥らないためには、カードを使いすぎないことです。
 
返済可能な範囲に利用額を抑えておけば、リボ払いに変更せずに済みます。
 
またどうしても返済が苦しくてリボ払いにしたい場合でも、安易に変更する前に家族などに相談をして一番良い方法を考えましょう。
 
分割払いや一括払いで何とか支払えないか検討すべきですし、どうしても払えないほどの借金であれば債務整理する方法もあります。

利用してしまったら、すぐにリボ一括返済する

もしもリボ払いを利用してしまったなら、早期に繰り上げ返済や一括返済をしましょう。
 
リボ払いを選択しても、ずっとリボ払いを適用し続けないといけないわけではありません。途中で一部や全部、繰り上げ返済することも可能です。預金に余裕ができたときやボーナス時などにできるだけリボ払いの借金を返済し、残高を減らしましょう。
 
先にシミュレーションしたように、リボ払いも残額が少なければそれほど高い手数料にはなりません(20万円を1万円ずつ返済するなら手数料は26,000円程度です)。
 
早めに残高を減らして完済すれば支払い総額も抑えられますし、多重債務にもつながりません。

【まとめ】リボ地獄に陥らないための事前対策

リボ地獄に陥らないための事前の3つの対策方法
  1. そもそもリボ払いを選択しない
  2. とにかくカードを使いすぎない
  3. 利用してしまったら、すぐにリボ一括返済する

リボ地獄に陥った場合の2つの解決方法

リボ地獄に陥った場合の解決方法注意しているつもりでも、リボ払いをついつい利用しすぎてリボ地獄に陥ってしまったらどうしたら良いのでしょうか?

繰り上げ返済、リボ一括返済する

リボ地獄に陥った場合でも、まずは繰り上げ返済やリボ一括返済を検討しましょう。
 
他に借金がなくてリボ払いのクレジットカード一本であれば、毎月の支払いが苦しくてたちまち返済に困る、という状況にはならないはずです。とにかくお金をためて繰り上げ返済を重ね、残金はできる限り一括返済で完済します。

リボ一括返済の具体的な手順

リボ払いで繰り上げ返済をするには、カード会社で専用の手続きが必要です。
 
多くのカード会社では、ネットから一括払いや繰り上げ返済の申請を受け付けています。
 
会員専用画面にログインして「支払額の調整」「リボおまとめ払い」「全額返済」などを選択して残額の一括返済の手続きを進めます。
 
返済方法には口座引き落としと銀行振込があります。両方利用できるケースもありますが、振込にしか対応していないカード会社もあるので、サイト上の案内を読んで正しく対応しましょう。
 
会員画面へのログイン方法や一括返済のための操作方法が分からない場合には、電話での問い合わせも可能です。
 
カードの裏面に書いてある顧客用の問い合わせ用電話番号やカード会社のサイトに記載されている電話番号にかけてみて、一括払いの方法を聞いて確認しましょう。

リボ払い分を債務整理をする

リボ地獄に陥り、どうしても繰上げや一括返済できない場合には、債務整理で解決しましょう。中でも「任意整理」はリボ払い対策に非常に有効です。
 
任意整理とは、相手業者と話し合いをして借金残高の支払い金額や方法を決め直す整理手続きです。
 
多くの場合「将来利息や手数料をカット」してもらえて、元金と任意整理開始時点までの利息に返済額に抑えられます。リボ払いでおそろしいのはまさにこの「利息や手数料」なので、任意整理でカットしてもらえた場合、返済額が抑えられ問題が解決されるでしょう。
 
たとえばリボ払いで100万円分利用して48万円の手数料が発生するケースでも、48万円のうち、任意整理開始時点までの利息や手数料に限定されるため、48万円の手数料の全額の支払いは必要なくなります。
 
任意整理の場合、だいたい5年以内には返済しなければならないので、残高が100万円なら月17,000円程度の支払いを5年継続すれば完済できます。また毎月27,000円程度支払えば3年で完済可能です。
 
またリボ払いをきっかけに他にも借金を重ねて多重債務状態になってしまっていたり、債権者から督促を受けていたりする状態でも債務整理を行うことで解決できます。これまで説明してきた、任意整理もを行うこともできますし、任意整理により解決しない場合には個人再生をすれば、債務額を元本ごと大きく減らしてもらえます。
 
それでも解決できない場合、最終手段として自己破産をしたら借金は0になります。リボ払いだけではなく他の消費者金融やクレジットカードのキャッシング・ショッピングの分割払い、滞納家賃や電話代などもすべてチャラにしてもらえます。
 
債権者から給料などを差し押さえられている状態でも、個人再生や自己破産をすれば差押え手続きが進むことを止めることができます。
 
リボ地獄でも解決できないことは決してないので、あきらめずに専門家に相談してみることを強くおすすめします。

 

リボ払いの口コミをtiwtterや5ch(2ch)、Yahoo!知恵袋でチェック

リボ払いは危険、軽い気持ちでやってはいけない、消費者を騙している!というtweetが非常に多いです。

435名無しさん@お腹いっぱい。2022/07/19(火) 18:51
おいらリボ残460万。あと10年はかかるな。

441名無しさん@お腹いっぱい。2022/07/22(金) 21:33
リボなんてやめろや
クソ野郎に都合良く使われるのやめようや

444名無しさん@お腹いっぱい。2022/07/24(日) 23:30
落車が確定してるなら債務整理は少しでも早いほうがいいぞ

449名無しさん@お腹いっぱい。2022/07/25(月) 12:43
カード会社に金利を貢ぐだけの人生だな

454名無しさん@お腹いっぱい。2022/07/25(月) 16:51
年収どのくらいでどういう生活かはは知らんが総額600万以上ってさすがにどうしようもないだろ…
手数料年15%としても月の利息分は…計算するのが怖えよ

461名無しさん@お腹いっぱい。2022/07/25(月) 21:47
よくそこまで借りたね
任意整理で60回払で月175000…
破産案件だと思われるが

 
5chでも「リボ払いはやめろ!金利を払っているだけ。」という声が大きいです。どうにもならないならすぐに債務整理をしましょう。
 
債務整理をどういった法律事務所に相談すればいいかについて、5chでやりとりされていたものをまとめた記事がありますので、5chの情報を確認したい方はご覧ください。

また、Yahoo!知恵袋にこのようなやり取りがありました。リボ払いの何がヤバいのかが想像できない人が多いようです。

リボ払いって何がやばいんですか?
私は馬鹿なのでバイト先でリボ払いの話題になった時便利な制度やな〜としか思えなかったんですけど……
あなたは絶対やめましょう。
 
デメリットは
・余計に払うお金が多い。
・定額払いだから、次々買えば返済回数が増えるだけで月々の支払い増えないから余裕だと勘違いする
 
例えば定額2000円返済に設定。
1万円のものを買うと利息なども含めて2000円を6回くらい払う。
払い終わらないうちにまた1万円の物を買っても、月々の支払いは2000円。でも先の支払いの続きにまた6回の支払い分が追加される。
ということは、1年間支払いが続く。
 
さらに10万のものを買う。支払い(返済)毎月2000円だけど、さらに5年間くらい毎月支払いが続く。。。
 
というように、あっという間に何年分もの支払いになっていきます。

リボ払いでやばくなって債務整理をした体験談

今までお伝えしてきた通り、楽な支払いに見えるリボ払いで大変なことになることはわかっていただけたのではないでしょうか?
 
以下の記事では、自転車操業になり、最終的に債務整理をした体験談をまとめましたので、参考にしていただけたらと思います。

まとめ リボ払いの末路:ヤバイから絶対に利用しない

ここまでお読み頂いたら、リボ払いがどれほどヤバイかよく分かって頂けたと思います。実際軽い気持ちでリボ払いを利用するととんでもない末路となるので、絶対に利用しないでください。
 
万一リボ払いを利用したらすぐにリボ一括払いを利用して完済すること、それが難しかったら弁護士や司法書士などの専門家に相談して債務整理をすれば解決できます。苦しい状況でも諦めずに今できる対応を進めていきましょう!

 

リボ払いで困ったら当サイトおすすめの弁護士・司法書士5選

リボ払いの相談をするなら、どんな借金減額の方法を取るかにかかわらず、以下の5つの事務所に相談することをおすすめしています。

はたの法務事務所

はたの法務事務所リボ払いで借金返済が非常に困難になったのなら、債務整理の費用が安い事務所として最初におすすめするのが、はたの法務事務所です。
 
司法書士ですから、弁護士よりも取り扱える案件は少ないですが、1社あたりの借金が140万円を超えていなければ、着手金無料ですし、報酬額も債権者が1社や2社でなければ、司法書士事務所でもかなり安いです。
 
これまでも数多くのリボ払いで借金の返済が非常に困難になった相談者を解決に導いいています。

おすすめポイント・相談無料、着手金無料で費用が安い
・2回のインタビューで相談のしやすさ・事務所雰囲気も確認済み
住所 東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5F
代表者 幡野 博文
所属司法書士会/登録番号 東京司法書士会/東京 第1545号
代理認定番号 第401159号
弁護士or司法書士 司法書士事務所
対象地域 全国
任意整理の費用 着手金:0円
基本報酬:22,000円〜/社
過払報酬:返還された金額の20%。10万円以下の場合は12.8%。
減額報酬:減額分の10%
過払い金の費用 着手金:0円
基本報酬:0円
過払報酬:返還された金額の20%。10万円以下の場合は12.8%。
別途、解決報酬金として10,000円(税別)がかかります。
個人再生の費用 基本報酬:30万円〜
その他費用:20万円〜
自己破産の費用 基本報酬:25万円〜
その他費用:20万円〜
女性専用窓口 あり
相談時間 ・メール:24時間365日無料相談
・電話:平日8:30〜21:30  土日祝8:30〜21:00

※料金は、状況によって異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。
 

はたの法務事務所へ無料相談する

アース法律事務所

アース法律事務所 PC スマホ債務整理にかかる費用については、弁護士業界ではトップクラスの安さです。もちろん、解決実績も非常に多いので、リボ払いの問題解決にしっかり対応できます。

おすすめポイント・初回相談無料
・任意整理の費用は弁護士業界最安値レベル
・2回のインタビュー・1分事務所紹介音声で事務所雰囲気も確認済み
住所 東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
代表者 弁護士 河東 宗文
弁護士or司法書士 弁護士事務所
対象地域 全国
任意整理の費用 着手金 :22,000円/1社
解決報酬:22,000円/1社
減額報酬:減額分の11%
過払い金の費用 過払報酬:返還された分の20%
個人再生の費用 (住宅ローン特則なし)着手金33万円〜
(住宅ローン特則の場合)着手金44万円〜
自己破産の費用 着手金33万円〜
Tel相談 0120-310-016
女性専用窓口 なし
相談時間 ・メール:24時間365日無料相談
・電話:平日9:00〜19:00  土日祝10:00〜19:00
強み 安心の元裁判官の弁護士で「プロ中のプロ!」
アース法律事務所へ無料相談する

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所 PC スマホ債務整理の費用については、アース法律事務所と同様弁護士業界ではTOPレベルの安さです。解決実績も申し分ないので、リボ払いを繰り返し、いつの間にか借金が増えてしまった相談者をこれまでもしっかり対応されています。

おすすめポイント・相談無料
・任意整理の費用は弁護士業界最安値レベル
・2回のインタビューと1分事務所紹介音声実施済みで雰囲気・安心感UP
住所 東京都墨田区江東橋4−22−4
第一東永ビル6階
代表者 弁護士 名村 泰三
弁護士or司法書士 弁護士事務所
所属弁護士会 東京弁護士会 20741号
対象地域 全国
任意整理の着手金 着手金 :22,000円/1社
基本報酬:22,000円/1社
過払報酬:返還された分の22%
減額報酬:減額分の11%
その他費用:5,500円/1社
<
個人再生の着手金 着手金:33万円〜
基本報酬:22万円〜
その他費用:5,500円/1社
自己破産の着手金 着手金:22万円〜
基本報酬:22万円〜
その他費用:5,500円/1社
Tel相談 0120-601-067
相談時間 メール:24時間365日無料相談
電話:平日 10:00〜18:00
強み 個人再生、自己破産を得意とする弁護士法人

費用面も、アース法律事務所同様弁護士業界ではかなり安い部類に入ると思っております。

ひばり法律事務所へ無料相談する

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所債務整理の費用については、先に紹介したアース法律事務所・ひばり法律事務所と同様弁護士業界ではTOPレベルの安さです。

おすすめポイント・相談無料
・任意整理の費用は弁護士業界最安値レベル
・インタビューと1分事務所紹介音声実施済みで事務所雰囲気OK
住所 東京都台東区東上野1-13-2
成田第二ビル2階
代表者 弁護士 岡田 優仕
弁護士or司法書士 弁護士事務所
所属弁護士会 東京弁護士会 11528号
対象地域 全国
任意整理の費用 着手金 :22,000円/1社
基本報酬:22,000円/1社
減額報酬:減額分の11%
その他費用:5,500円/1社<
過払い金の費用 着手金:0円
基本報酬:0円
過払報酬:返還された分の22%
個人再生の費用 着手金:33万円
基本報酬:33万円
その他費用:55,000円
自己破産の費用 着手金:22万円
基本報酬:22万円
その他費用:55,000円
Tel相談 0120-601-067
相談時間 メール:24時間365日無料相談
強み 安心の弁護士でありながら、ありがたい低料金設定
東京ロータス事務所へ無料相談する

司法書士法人みつばグループ

司法書士法人みつばみつばグループは、借金減額診断を使って最初の相談の機会を提供しています。
 
最初に電話やメールをしなくても、診断シミュレーションに回答するだけで、ある程度の情報が得られるので、その後、事務所から電話が来る際に話しやすいという特徴があります。
 
クレジットカードのリボ払いによる借金返済が難しくなるケースは、債務整理をされる方でもかなり多いケースの一つです。最も気軽に相談まで進むシュミレータを使って相談してみて下さい。

おすすめポイント・相談無料
・30秒で気軽に試せる借金の減額診断がワンクッションになっている
・インタビュー済みで安心
・相談実績24万件以上の実績
住所 東京都港区赤坂7-2-21
草月会館7階
代表者 宮城 誠
代理認定番号 第1229026号
弁護士or司法書士 司法書士事務所
所属司法書士会/登録番号 沖縄県司法書士会 第505号
対象地域 全国
任意整理の着手金 0円
相談時間 24時間365日自己診断シミレーション
強み 自己診断シミレーションで気軽に確認ができる

費用面も安い部類に入りますので安心できます。上記の事務所と費用の比較をしてみました。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

権限 相談料 着手金 報酬額

司法書士法人はたの法務事務所
司法書士

140万円以下

相談料無料

着手金0円

22,000円〜/1社

アース法律事務所
弁護士

制限なし

相談料無料

22,000円/1社

22,000円/1社

弁護士法人ひばり法律事務所
弁護士

制限なし

相談料無料

22,000円/1社

22,000円/1社

MITSUBA GROUP
司法書士

140万円以下

相談料無料

11,000円〜/1社

11,000円〜/1社
気軽に借金減額診断をやってみる!

この記事の編集者

債務整理相談ナビ編集部

本記事は債務整理相談ナビを運営する株式会社cielo azul編集部が企画・編集を行いました。

債務整理相談ナビ動画
                             
注目の特集(種類別)

都道府県別窓口
ご掲載希望事務所募集
応援しています!

「債務整理相談ナビ」を運営している株式会社cielo azulは、COVID-19対策北里プロジェクトを応援しています。

SSLサーバ証明書
             

このサイトはSecure Coreにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

                   
グリーンサイトライセンス
             
   

PAGE TOP