債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理おすすめ20選!専門家厳選の外せない借金相談事務所をご紹介

プロミスとの和解交渉は?プロミスの過払い金2019!プロミスの債務整理!

プロミス 和解交渉プロミスの過払い金に対する特徴や返還率などについて、2019年11月時点の最新の情報をシェアします。
 
債権者の過払い金に対する対応について、常に最新の情報を知っている弁護士や司法書士といった専門家に相談するのが一番ですが、相談する前の予備知識として、プロミスの過払い金の和解交渉の特徴について知っておくと役に立つと思います。

プロミスの過払い金請求への和解交渉の対応について

プロミスは、三井住友グループ系列の貸金業者で基盤が安定しています。よって、プロミスの過払い金請求に対する和解交渉の基本的対応は、以下のようにまとめることができます。

プロミスの過払い金請求に対する和解交渉の基本的対応◎プロミスの基盤は安定しているので、過払い金交渉は比較的スムースに進めることができる!返還スピードも早い!

プロミスの過払い金の返還率は?

プロミスの過払い金の対応は、繰り返しになりますが、資金も多く比較的にスムースに進みます。あとは、専門家とプロミスとの和解交渉で早期解決を図るのか、裁判訴訟で長期戦でより多くの返還を考えるのかは、相談者の意向次第です。

和解交渉裁判
過払い金返還率70〜90%前後80〜100%前後
返還までの期間2〜4ヶ月程度4〜6ヶ月程度

 

プロミスの過払い金請求の返還率◎過払い金の70〜90%程度の返還で早期解決するのか、裁判を行い長期戦で過払い金の100%返還を求めるかを決める必要があります。どちらにするか専門家と相談して決めることになります。

プロミスの過払い金があるかどうかの判断基準は?

プロミスは、2007年12月19日に金利を見直しています。つまり、2007年12月18日までは、グレーゾーン金利で貸していました。当時の金利は、25.55%。2007年12月19日以前にプロミスから借り入れをしていれば、過払い金が発生している可能性が高いです。

プロミスの過払い金交渉の和解交渉スケジュール

プロミス 和解交渉弁護士・司法書士に正式に依頼をすれば、すべて専門家が行ってくれますが、どういう手続とスケジュール感なのかも知っておくといいと思います。

1.プロミスの取引履歴を取り寄せる

しっかりとした借入日、借入期間、借入金利などを把握していないと、交渉することができませんので、まずは、詳細なプロミスからの借入情報(取引履歴)を入手します。通常、取引履歴の開示請求を行ってから2週間から3週間で入手できます。

2.過払い金の引き直し計算する

取引履歴をもとに、過払い金が発生しているかどうかを計算します。現在もまだ返済をしている場合も、過払い金の金額次第では、今後の返済も不要になることもあります。

3.過払い金返還請求書を通知する

過払い金が発生していれば、プロミスに過払い金返還請求書を郵送し、プロミスからの連絡を待ちます。通常、2〜3週間で連絡があり、どれくらいの金額を返還するのか回答が来ます。

4.和解交渉開始

プロミスからの回答をもとに、和解交渉を開始。プロミス側もできるだけ返還する金額は少なくしたいので、ここでの交渉が非常に大切になります。

5.過払い金返還請求訴訟開始

和解交渉で妥結した金額で納得が行かない場合は、訴訟を起こし、裁判で決着をつけます。ただし、裁判中も流れ次第でプロミス側が折れることもあり、裁判で決着をつけず和解交渉で妥結することもあります。

6.過払い金返還

和解交渉、裁判いずれかの方法で妥結した過払い金が返還されます。

プロミスの過払い金の時効

時効もあります。最終取引日から10年を過ぎると時効となり、過払い金があったとしてもその後、過払い金の請求はできなくなります。過払い金があるのかも!?と思った時点ですぐに専門家に相談するといいでしょう。過払い金があるかどうか、多くの専門家は、無料で確認してくれます。

プロミスの過払い金の注意点

消費者金融業界も、合併吸収を繰り返しており、既に名前がなくなってしまった消費者金融の過払い金請求をすることができます。
 
具体的には、現ポケットバンク(旧三洋信販)や、現クラヴィス(旧クオクローン)での借り入れに対する過払い金請求もプロミスに行うことができます。
 
ただ、どこの消費者金融であったとしても、専門家であれば、どこに請求すればいいかは知っていますので、相談者側が気にすることではないです。

プロミスの債務整理は?

プロミスの過払い金返還だけでなく、債務整理についてもまとめておきましょう。
 
プロミスの過払い金はなく、借金の債務整理をする場合、考えられる債務整理の方法は任意整理と自己破産、個人再生です。
 
任意整理であれば、支払期間を伸ばしてもらうこと、利息を免除してもらうなどの交渉を行うことになります。元本の減額は、難しいので、現在の収入でどれだけの返済が可能なのかを専門家と相談の上、債務整理の交渉を行ってもらうことになります。
 

任意整理とは?任意整理のメリット・デメリットは?
プロミスの債務整理は、任意整理で整理するのに適しています。任意整理について詳しく解説しています!

 

まとめ

2019年時点では、プロミスの過払い金の和解交渉は、比較的スムースに進みやすく、過払い金も8割程度戻ってくる傾向にあります。裁判までいけば、過払い金が返還されるまでの時間はかかりますが、過払い金の100%程度返還されることもあります。早期解決で過払い金の7〜9割程度、裁判で過払い金の100%程度戻ってくる事が多いようです。
 
ただし、これらは、債務整理の実績が多い弁護士・司法書士が交渉した場合ですので、実績があり、かつ専門家へ支払う費用ができるだけ少ない弁護士・司法書士にお願いすることをおすすめします。

当サイトおすすめの債務整理の専門家BEST3

債務整理 任意整理 相談  東京 大阪 よくわかる債務整理窓口TOP3比較表

No.1No.2No.3
はたのアース名村
司法書士弁護士弁護士
全国対応全国対応全国対応
おすすめポイント

★料金体系が弁護士・司法書士を通して最安値クラス

★フリーダイヤルで、平日、土日祝日ともに21時まで相談可!

代行弁済可能で、債権者と相談者の間に入ってくれるため非常に安心

着手金無料の司法書士事務所

おすすめポイント

★料金体系は弁護士業界最安値クラス

★フリーダイヤルで、平日9時〜18時、土日祝日も10時〜18時まで相談可能!

★代表弁護士は、元裁判官で「プロ中のプロ」で実績豊富!

 

おすすめポイント

★料金体系は弁護士の中で業界最安値クラス!

★個人再生や自己破産に強みがある弁護士事務所!

電話(フリーダイヤル)ですぐに相談可能!

実績

司法書士歴35年

実績

弁護士歴29年

実績

弁護士歴25年

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金0円
●任意整理報酬 2万円〜/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬20万円〜
●自己破産着手金25万円〜
●自己破産基本報酬20万円〜

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金2万円/1社
●任意整理報酬 2万円/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬30万円前後
●自己破産着手金30万円〜
●自己破産基本報酬20万円前後

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金2万円/1社
●任意整理報酬 2万円〜/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬20万円〜
●自己破産着手金25万円〜
●自己破産基本報酬20万円〜

まとめ

●とにかく料金を安くしたい方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●代行弁済で債権者との間にはたの法務事務所が入ってくれるので、管理面・精神面で非常に安心!

まとめ

●業務範囲に法律上の制約がない弁護士の方が安心という方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●1社の借り入れが140万円を超えている方向き

まとめ

弁護士の方が安心という方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●1社の借り入れが140万円を超えている方向き

公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
債務整理おすすめランキング一覧

注目の特集

PR(迷ったらこちら)

都道府県別窓口

債務整理の基本知識とQ&A

PAGE TOP