債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理おすすめ20選!専門家厳選の外せない借金相談事務所をご紹介

アイフルの過払い金の返還率は?アイフルの過払い和解交渉の最新情報

アイフル 過払い金 返還率アイフルの過払い金に対する最新の返還率や特徴などについて、2019年7月時点の最新の情報をシェアします。
 
債権者の過払い金に対する対応について、常に最新の情報を知っている弁護士や司法書士といった専門家に相談するのが一番ですが、相談する前の予備知識として、アイフルの過払い金の和解交渉の特徴について知っておくと役に立つと思います。

アイフルの過払い金請求への基本的対応について

アイフルは、アコムやプロミスなど銀行の傘下に入っていない独立系の最大の貸金業者(消費者金融)です。銀行の傘下に入っていないため、経営難が続いており。アイフルのの過払い金返済の基本的対応は、非常に厳しい状況です。

アイフルの過払い金請求への基本的対応◎アイフルの経営基盤は不安定で、過払い金交渉は非常に厳しい状況です。特に和解交渉では、過払い金の半分も戻らないことも多く、しっかりと返済してもらうためには、裁判での交渉が不可欠となっています。

アイフルの過払い金の返還率は?

アイフルの過払い金の対応は、繰り返しになりますが、非常に困難です。ですから、専門家とよく相談し、戻る過払い金が少なくてもアイフルとの和解交渉で早期解決を図るのか、裁判訴訟で長期戦でより多くの返還を考えるのかを決める必要があります。

和解交渉裁判
過払い金返還率30〜60%前後100%前後
返還までの期間3〜8ヶ月程度8〜12ヶ月程度

 

アイフルの過払い金請求の返還率◎過払い金の30〜60%程度の返還で早期解決するのか、裁判を行い長期戦で過払い金の100%返還を求めるかを決める必要があります。どちらにするか専門家と相談して決めることになります。

アイフルの過払い金があるかどうかの判断基準は?

アイフルは、2007年8月2日に金利を見直しています。つまり、2007年8月1日までは、最大で金利は、28.835%で貸していて違法な高金利でした。2007年8月1日以前にアイフルから借り入れをしていれば、過払い金が発生している可能性が非常に高いです。
 
しかも、8月1日で金利を見直していても、従来から貸している人には、そのまま金利を変更せずに、違法に高い金利で利息の支払いをさせていることも多いようです。

アイフルの過払い金交渉の和解交渉スケジュール

弁護士・司法書士に正式に依頼をすれば、すべて専門家が行ってくれますが、どういう手続とスケジュール感なのかも知っておくといいと思います。

1.アイフルの取引履歴を取り寄せる

しっかりとした借入日、借入期間、借入金利などを把握していないと、交渉することができませんので、まずは、詳細なアイフルからの借入情報(取引履歴)を入手します。通常、取引履歴の開示請求を行ってから3週間から4週間で入手できます。アイフルは、取引履歴を取り寄せるのも時間がかかりますが、遅れてもしっかりと送られてくるので安心してください。

2.過払い金の引き直し計算する

取引履歴をもとに、過払い金が発生しているかどうかを計算します。現在もまだ返済をしている場合も、過払い金の金額次第では、今後の返済も不要になることもあります。

3.過払い金返還請求書を通知する

過払い金が発生していれば、アイフルに過払い金返還請求書を郵送し、アイフルからの連絡を待ちます。通常、2〜3週間で連絡があり、どれくらいの金額を返還するのか回答が来ます。

4.和解交渉開始

アイフルからの回答をもとに、和解交渉を開始。アイフル側もできるだけ返還する金額は少なくしたいので、ここでの交渉が非常に大切になりますが、何度もお話しているとおり、和解交渉は非常に厳しい交渉になり、半分返ってくればいいほうです。

5.過払い金返還請求訴訟開始

和解交渉で妥結した金額で納得が行かない場合は、訴訟を起こし、裁判で決着をつけます。裁判になれば、ほぼ過払い金の100%が返ってきます。しかし、アイフル側も控訴をするので、判決には1年以上かかることもあります。

6.過払い金返還

和解交渉、裁判いずれかの方法で妥結した過払い金が返還されます。おおよそ、1ヶ月から2ヶ月で返還されます。

アイフルの過払い金の時効

時効もあります。最終取引日から10年を過ぎると時効となり、過払い金があったとしてもその後、過払い金の請求はできなくなります。過払い金があるのかも!?と思った時点ですぐに専門家に相談するといいでしょう。過払い金があるかどうか、多くの専門家は、無料で確認してくれます。

アイフルの過払い金の注意点

アイフルの過払い金交渉は、非常に厳しいです。返還額が、和解と訴訟では、大きな隔たりがあるため、時間がかかっても訴訟を選ぶ方が多いようです。
 
半分でも早く返して欲しいという場合は、専門家に任せるようにしましょう。
 
また、アイフルは、ゼロ和解に注意が必要です。どういうことかといいますと、電話で取引履歴を取り寄せる際、まだ返済が残っている場合は、「もう返済はしなくていいので、訴訟など起こさないでください!」などと言われることがあります。
 
しかし、こういったゼロ和解の提案は、余計に利息を支払ってきたという証拠ですので、しっかりと専門家に相談して今後の行動を決めると良いでしょう、

まとめ

2019年時点では、アイフルの過払い金の和解交渉は、非常に厳しく、和解交渉では、過払い金の半分程度戻ってくればいい方だと思われます。裁判までいけば、過払い金が返還されるまでの時間はかかりますが、過払い金の100%程度返還されるので。どうしたいのか専門家をしっかりと相談して今後の方針を決めてください。
 
アイフルとの交渉を何度もしたことのある、債務整理の実績が多い弁護士・司法書士に相談することを強くおすすめします。

当サイトおすすめNO.1債務整理の専門家

債務整理おすすめランキング一覧

注目の特集

PR(迷ったらこちら)

都道府県別窓口

債務整理の基本知識とQ&A

PAGE TOP