債務整理おすすめ事務所
債務整理に強い人気弁護士・司法書士をランキング

債務整理おすすめ20選!専門家厳選の外せない借金相談事務所をご紹介

ひととき融資は違法?合法?ひととき融資とは?被害の実態や手口、逮捕事例から対処方法まで

ひととき融資 違法

この記事の執筆者ひととき融資 違法福谷陽子(元弁護士)

最近「ひととき融資」という新手の闇金の手口が広がってきているのをご存知でしょうか?NHKのニュースなどでも取り上げられているので、聞いたことがある方が多いかもしれません。
 
ひととき融資とは、違法な高金利でお金を貸し付けるだけではなく、相手の弱みにつけ込んで肉体関係を求める行為です。被害者は主に女性で、ネット掲示板や出会い系サイト、SNSなどを利用した融資事例が多くなっています。
 
今回はひととき融資の実態や違法性、逮捕事例の紹介や万一利用してしまった場合の対処法などをご紹介していきます。

ひととき融資の意味をわかりやすくいうと

そもそも「ひととき融資」とは何なのでしょうか?
 
これは高利でお金を貸し付ける際に、相手に体の関係を求める融資方法です。たとえば女性がネット掲示板などで「融資をお願いします」などと書き込み、お金を貸したい男性返答をします。合意すれば2人がどこかで会い、肉体関係をもって男性が女性にお金を渡します。返済期間中体の関係がずっと継続するケースが多数です。
 
ひととき融資で注意しなければいけないのは「体の関係」だけではありません。もちろん相手の弱みにつけこんで肉体関係を求めることに倫理的な問題があることは確かですが、さらに問題を大きくするのが法律の上限を超える「高金利」です。
 
ひととき融資は「体の関係を持つから無利息や安い金利で貸してあげる」という生やさしいものではなく、お金を貸し付ける際、貸主はたいてい利息制限法を大幅に超える金利で貸付をしているのです。
 
そもそも利息制限法の上限を超える利率での貸付は違法ですし、金利が高すぎて出資法違反になっている事例も多々あります。たとえ相手の女性との関係が「任意」であったとしても、ひととき融資には法的問題があります。

ひととき融資は違法?合法?法律の規定はどうなっている?

ひととき融資はどのような法律に違反していてどのような罰則が適用される行為なのでしょうか?以下で詳しくみてみましょう。

ひととき融資は利息制限法、出資法違反

ひととき融資は「利息制限法」と「出資法」に違反する可能性が高い「犯罪行為」です。
 
利息制限法とは、金銭貸し付けをするときの「上限金利」を定める法律です。貸付金額に応じて年率15~20%が上限とされています。
・貸付額が10万円未満…年率20%まで
・貸付額が10万円以上100万円未満…年率18%まで
・貸付額が100万円以上…年率15%まで

 
利息制限法は、貸金業者はもちろんのこと個人にも適用されるので、個人間で貸付をする際にも上記を超えると「違法」になります。
 
また日本には出資法という法律もあります。これは「それ以上の利率を設定すると刑事罰が適用される」場合を定める法律です。出資法で刑罰を科される基準は以下の通りです。
・貸金業者の場合、利息制限法を超えて貸付をすると刑事罰の対象
・個人の場合には年率109.4%を超えると処罰対象

 
ひととき融資では、個人であっても年率109.4%を超える利率で貸付が行われていることも多いので、出資法違反となる可能性が高くなっています。出資法違反に適用される刑罰は、最大で「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金刑またはそれらの併科」で、大変重くなっています。

ひととき融資は貸金業法違反

ひととき融資は「貸金業法」という法律に違反する可能性も高い犯罪行為です。貸金業法は「貸金業」を営むものは、必ず金融庁に届出をしなければならないとさだめています。届出をせずに貸金業を営むのが、いわゆる闇金です。
 
ひととき融資をしている人は、日常的に融資を繰り返しているケースがありますが、そういった場合には「無届けで貸金業を営んでいる」ことになります。すると貸金業法が禁止する無届け営業となって刑事罰を科されます。無届け営業は、法人だけではなく個人にも成立します。
 
貸金業法違反(無届け営業・闇金行為)に適用される罰則は10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金刑であり、出資法違反以上の重罪です。

未成年が相手だと児童買春禁止法違反になることもある

ひととき融資の相手が未成年の場合には「児童買春禁止法」という法律違反になる可能性もあります。児童買春禁止法とは、お金などの対価を渡して18歳未満の未成年と性交や性交類似行為をしたときに成立する犯罪です。たとえば18歳未満の未成年と援助交際などをすると児童買春禁止法違反となります。
 
ひととき融資の場合にも、相手と体の関係を持つのと引換にお金を渡しますので、たとえ返済を予定しているとしても児童買春罪が成立する可能性が高いといえます。後に事例を紹介しますが、現実に未成年相手にひととき融資を行って逮捕されたケースも存在します。児童買春罪は、相手に性交を強要せず任意で体の関係を持ったケースでも成立するので注意が必要です。
 
児童買春禁止法違反で適用される刑罰は、5年以下の懲役または500万円以下の罰金刑です。

ひととき融資が強制わいせつ罪、強制性交等罪になる可能性もある

ひととき融資を行ったら、強制わいせつ罪や強制性交等罪という犯罪が成立する可能性もあります。
 
強制わいせつと罪は、相手に暴行や脅迫を加えておびえさせ、服を脱がせたりキスをしたり身体を触ったりするなどわいせつな行為を行ったときに成立する犯罪です。強制性交等罪は、相手に暴行や脅迫を加えて相手の犯行を抑圧し、無理矢理に性交や性交類似行為をする犯罪です。
 
ひととき融資を行う際、通常は相手(借主)の任意で体の関係を持ちますが、会ったらやはり性行為をするのがイヤになり逃げようとする人も出てきます。そのようなとき、貸主が脅してわいせつ行為をしたり性行為をしたりしたら、強制わいせつや強制性交等罪となります。たとえば「お金を借りるんだから、わかってるだろうな」「帰れると思うなよ」などと強い口調で迫ることが「脅迫」ととられる可能性もあります。

 
強制わいせつ罪の刑罰は6か月以上10年以下の懲役刑、強制性交等罪の刑罰は5年以上の懲役刑(最高20年)です。強制性交等罪が成立すると、基本的に実刑になります。

脅迫罪、暴行罪

ひととき融資を申込んだ女性が貸し手と会ったとき、気が変わって性関係を断ると脅されたり暴行を振るわれたりするケースがあります。またひととき融資を受けた後、相手から「体の関係をもったことを周囲にバラすぞ」などと脅される可能性もあります。
 
このような場合、脅迫罪や暴行罪が成立します。
 
脅迫罪の刑罰は2年以下の懲役または30万円以下の罰金刑、暴行罪の刑罰は2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留若しくは科料の刑です。

名誉毀損罪、ストーカー規制法違反など

ひととき融資を受けた後、貸主が「あの女は借金をして見返りに身体を売った」などとネット上などに公表したり周囲に触れ回ったりすると、名誉毀損罪が成立します。
 
またひととき融資を利用すると、貸主の男性が被害者につきまとい行為を始めるケースも少なくありません。そうすればストーカー規制法違反となります。
 
名誉毀損罪の刑罰は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金刑、ストーカー規制法違反の刑罰は1年以下の懲役または100万円以下の罰金刑です(公安委員会による禁止命令が出ているのに違反してストーカー行為をした場合には2年以下の懲役または200万円以下の罰金)。

ひととき融資は「個人間融資」でも犯罪になる

世間一般では「個人間融資では金利が高くても犯罪にならない」と思われているケースがあります。ネットなどでひととき融資を募る人も、「個人がネットで融資する分には法的問題がない」と思い込んでいることが少なくありません。しかしこれは大きな間違いです。
 
個人間融資であっても、利息制限法は適用されます。法律を超える上限で貸付をしたら、借主は貸主に対して払いすぎ利息の返還請求ができます。いわゆる「過払い金請求」です。業者だけではなく個人も過払い金請求の対象になりえます。
 
また個人間融資であっても「年率109.4%」を超える利率で貸付をしたら出資法違反で処罰されます。
 
「ひととき融資は個人間融資だから合法、高利でも問題ない」という言い訳が通用しないことは明らかです。

ひととき融資の手口や実態

現実のひととき融資の手口や実態がどのようになっているのか、みてみましょう。

ひととき融資はネット掲示板やSNSで行われている

ひととき融資の多くは、ネット上における掲示板やSNSを介して行われています。ネット掲示板には「個人間融資」というカテゴリやスレッドがあり、そこにはブラックリスト状態となってお金を借りられなくなり、困っている女性が数多くアクセスしてきます。
 
そういった方達は、以下のような書き込みをします。
「返済が厳しくなって困っています。利子をつけてお返ししますので、どなたか助けて頂けませんでしょうか?」
「給料日までお金がまったくありません。毎月2万円ずつ返済していきますので、どなたかお貸しいただけませんでしょうか?」
「急な出費があってどうしても20万円必要です。お貸し頂ける方はいらっしゃいませんでしょうか?」
「今消費者金融やカード会社から300万円も借り入れていて、生活が破綻しそうです。どうか、助けていただけませんでしょうか?」
利用者は20~40代の女性の割合が多くなっています。

 
貸す側の男性はこのような書き込みを見て、貸付金額や利率、返済回数などを決めて提案します。両者が折り合えば、実際に会ってお金を渡したり振込送金で貸付をしたりします。
 
このとき、貸す側の男性が借りる側の女性に「見返り」として体の関係を求めるのです。女性側は、お金がなくて「藁をもすがる思い」でアクセスした相手からの要求でもあり、負い目を感じるので、断れずに体の関係を持ってしまいます。

実際にどのようなやりとりがあるのか

ひととき融資の一例として、女性が「20万円を貸してほしい」と融資を頼む内容の書き込みをしたところ、男性が「月3万円の10回払いでお願いします。返済中、継続的に肉体関係をもちましょう」などと提案するケースなどがあります。

利用後、つきまといの被害に遭うケースも

一度だけお金を借りて関係を持ち、女性側が後悔してすぐに利用をやめたケースでも、貸主の男性側がしつこく女性の家に尋ねてきたり電話などで連絡してきたりする事例があります。

未成年が年齢を偽るケースもある

ウェブサイトは基本的にオープンであり、誰でもアクセスして書き込めます。未成年でも書き込みをして融資を募ることができるので、未成年が年齢を偽って、融資を申し込むケースが存在します。
 
そういった書き込みに反応して男性がひととき融資をすると、児童買春罪が成立する可能性が高くなります。

貸す側の男性の認識は非常に甘い

貸す側の男性としては「お金を貸すだけで性行為ができるなんて、ラッキー」「貸した金に利息が付いて返ってくる上セックスができるなんて素晴らしい融資」などと考えているケースが多数です。しかしこのような安易な考えを持ってひととき融資を行ったことで「犯罪」が成立し、逮捕されている事例も現実に発生しています。
 
男性側も女性側も、ひととき融資には決して手を出してはいけません。

ひととき融資の逮捕事例

これまで、現実に「ひととき融資」を行って逮捕された事例があるので、ご紹介します。

千早赤阪村の職員のケース

大阪府の千早赤阪村の職員(30代男性)が2人の女性に対し、性行為を見返りにして法律の定める上限金利を上回る高利率でお金を貸し付けた事例があります。男性と女性被害者らは、ネット掲示板を介して知り合いました。男性は被害者らに合計26万円を現金で貸し付けて81万円もの利息を取り立てており、これは法定金利の7倍にもなります。男性は出資法違反、貸金業法違反(無登録営業)の罪で逮捕され、その後起訴されています。
 
加害者の男性は,千早赤阪村の職員(公務員)で「人事財政課主査」という責任ある立場でしたが「お金も返ってきて性行為をできるなんて、素晴らしい融資」と思ってひととき融資を行ったと供述しています。公務員などの世間的に信用の高い人であっても、安易な気持ちでひととき融資を行っている実態が垣間見えます。

児童買春禁止法違反で再逮捕された事例

上記で紹介した千早赤阪村の職員は、別件で再逮捕されています。SNS上で「生活費に困っている」などと金銭借入を依頼する書き込みをした16歳の少女に対し、「体の関係を持ってもらうのと引換にお金を渡す」などとメッセージを送って相手の合意をとりました。
 
そして実際に大阪府内のホテルで会い、1万円を払ってわいせつ行為をして、さらに貸付金として1万円を渡しました。これにより男性は、「児童買春罪」によって再逮捕されています。

ひととき融資被害を受けたらどうしたら良いか?

もしもひととき融資の被害を受けたら、どのように対応すれば良いのでしょうか?

まだ現実にお金を借りたり体の関係を持ったりしていない場合

ネット掲示板で相手と合意をした段階で、まだ実際に会って借入をしたり体の関係を持ったりしていないなら、すぐに断りましょう。お金がなくてどうしても困っているなら、親に助けてもらったり債務整理で借金を整理したりして、他の解決方法を検討すべきです。
 
借入を断ったときに相手が「契約違反」などと言ってきても気にする必要はありません。違法な契約は公序良俗違反として無効になりますし、相手がしつこい場合には脅迫罪なども成立する可能性があります。
 
「このような契約は無効になると聞いた」「私は借りないので、もう連絡しないでください」と連絡し、しつこい場合には「これ以上しつこくすると警察に言いますよ」などと警告しましょう。

すでに利用してしまった場合

すでに相手と会い、体の関係を持ってしまったり融資を受けたりしているなら、とにかくすぐに利用をやめるべきです。自分一人で相手に連絡を入れると脅されたりして怖い場合には、弁護士、家族や友人などに相談をしましょう。もしも自宅を知られて押し掛けられたりしたら、すぐに警察に通報すべきです。弁護士も助けになってくれます。

躊躇せずに相談することが大切

ひととき融資を利用した方は「自分がお金を借りたから自分が悪い」「肉体関係を持ったことが恥ずかしい、知られたくない」などと考えて周囲への相談を躊躇し、自分一人で抱え込んでしまいがちです。
 
しかしお金を借りることは悪いことではありません。肉体関係を持ったことについても同じです。お金に困っている女性の弱みにつけ込む相手の行為が卑劣なのであり、女性が自分を貶める必要はないのです。
 
現実にひととき融資の加害者は逮捕されていますし、警察も弁護士も、相談をすれば助けてくれます。家族も事情を話せばわかってくれることが多いでしょう。自分を責めずにまずは誰かに相談をしてください。

ひととき融資の被害を受けたときの相談先

以下で、ひととき融資の被害を受けてしまったときの相談先を紹介します。

消費生活センター

地域の消費生活センター(国民生活センター)では、消費者からの各種相談や借金問題についての相談ができます。公的機関なので、相談料はかかりません。
 
まずは消費者ホットラインや地域の消費生活センターに電話をかけて、ひととき融資(闇金)の被害に遭っていることを打ち明けてみましょう。

全国の消費生活センターの一覧
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

弁護士会のクレサラ相談

都道府県の弁護士会では、月に1回程度クレサラ相談や多重債務者向けの相談会が開かれています。相談担当者は弁護士で、そのまま借金整理の対応を依頼することも可能です。相談料は無料になっているケースが多数です。一度弁護士会のサイトを見たり電話をしたりして、相談の申込みをしてみてください。

法テラス

法テラス(日本司法支援センター)でも借金問題や人権に関する相談を受け付けています。所得水準が一定以下なら相談料は無料です。相談を担当してくれるのは弁護士や司法書士で、そのまま対応を依頼することも可能です。
 
利用の際には地域の法テラス事務所に電話をして、相談の予約をとりましょう。
https://www.houterasu.or.jp/

警察

ひととき融資は犯罪です。基本的に出資法違反、貸金業法違反となりますし、ケースによっては強制性交等罪、児童買春、ストーカー規制法違反、脅迫罪や暴行罪なども成立する可能性があります。
 
相手のつきまとい行為や脅迫行為などによって困っているなら、すぐに警察に行きましょう。これまでの経緯を説明し、相手から届いているメッセージなどの証拠を提示すれば、いきなり逮捕はしなくても、相手に警告をしてくれるでしょう。
 
警告を受ければ、通常の一般人であればそれ以上つきまとってくることはなくなります。それでもしつこくされたら本当に逮捕してもらえる可能性もあります。

弁護士

ひととき融資を利用して、とりあえず何をしたら良いかわからない場合には、弁護士に相談する方法も有効です。弁護士は民事と刑事の両面で対応をしてくれます。民事的には借りたお金を返さなくて良いようにしてくれますし、刑事的には相手に対する警告や刑事告訴などの手続きをとってくれます。
 
相手からつきまといや性関係の強要をされている場合、警告を発して違法行為を辞めさせることも可能です。相談者の希望に応じて柔軟に対応してくれるので、困ったときにはまずは弁護士を頼りましょう。弁護士には守秘義務があるので、ひととき融資について誰かに漏えいされる心配はいりません。また借金問題について無料相談を受けてくれる弁護士もたくさんいるので、「お金がないから相談できない」と心配することもありません。

借金があって困っているなら債務整理で解決できる

ひととき融資を利用する女性は、多重債務状態となって苦しんでいたり返済を延滞してブラック状態になっていたりする方が多数です。そのような場合、債務整理を検討してみてはいかがでしょうか?
 
任意整理で利息をカットしてもらう方法もありますし、個人再生で一気に借金を5分の1や100万円にまで減らす方法、最終的には自己破産で0円にしてもらったりする方法もあります。デメリットも多少ありますが、ブラック状態になったり余分な財産が失われたりする程度であり(生活に最低限必要な財産は守られます)、体の関係を持つよりずっと良いです。
 
困ったときには、一人で抱え込まないで債務整理や借金問題に積極的に取り組んでいる弁護士に相談をしてみてください。借金問題は必ず解決でkるので、あきらめないでまずは無料相談を申し込んでみることをお勧めします。

 

この記事の執筆者ひととき融資 犯罪法律専門ライター 福谷陽子(元弁護士)
京都大学法学部を卒業後、10年程度の弁護士としての実務経験を活かし、現在は法律専門ライターとして活動している。弁護士時代には、任意整理・過払い金請求や自己破産などを含め数多くの債務整理案件をこなし、解決してきた。多くの借金に困る方と接してきたため「借金で困る人を0にしたい」という強い思いを抱くに至り、現在も「債務整理に関する正しい知識を世の中に広めたい」という意識を持って精力的に借金関係の記事執筆に取り組んでいる。

 

当サイトおすすめの借金の相談におすすめの弁護士・司法書士BEST3

債務整理 任意整理 相談  東京 大阪 よくわかる債務整理窓口TOP3比較表

No.1No.2No.3
はたのアース名村
司法書士弁護士弁護士
全国対応全国対応全国対応
おすすめポイント

★料金体系が弁護士・司法書士を通して最安値クラス

★フリーダイヤルで、平日、土日祝日ともに21時まで相談可!

代行弁済可能で、債権者と相談者の間に入ってくれるため非常に安心

着手金無料の司法書士事務所

おすすめポイント

★料金体系は弁護士業界最安値クラス

★フリーダイヤルで、平日9時〜18時、土日祝日も10時〜18時まで相談可能!

★代表弁護士は、元裁判官で「プロ中のプロ」で実績豊富!

 

おすすめポイント

★料金体系は弁護士の中で業界最安値クラス!

★個人再生や自己破産に強みがある弁護士事務所!

電話(フリーダイヤル)ですぐに相談可能!

実績

司法書士歴35年

実績

弁護士歴29年

実績

弁護士歴25年

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金0円
●任意整理報酬 2万円〜/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬20万円〜
●自己破産着手金25万円〜
●自己破産基本報酬20万円〜

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金2万円/1社
●任意整理報酬 2万円/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬30万円前後
●自己破産着手金30万円〜
●自己破産基本報酬20万円前後

料金体系

●相談無料
●任意整理着手金2万円/1社
●任意整理報酬 2万円〜/1社
●個人再生着手金30万円〜
●個人再生基本報酬20万円〜
●自己破産着手金25万円〜
●自己破産基本報酬20万円〜

 

まとめ

●とにかく料金を安くしたい方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●代行弁済で債権者との間にはたの法務事務所が入ってくれるので、管理面・精神面で非常に安心!

まとめ

●業務範囲に法律上の制約がない弁護士の方が安心という方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●1社の借り入れが140万円を超えている方向き

まとめ

弁護士の方が安心という方向き

●電話ですぐに相談したい方向き

●1社の借り入れが140万円を超えている方向き

公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

 

債務整理おすすめランキング一覧

注目の特集

PR(迷ったらこちら)

都道府県別窓口

債務整理の基本知識とQ&A

PAGE TOP